タイデザート・お菓子

タイデザート【カノムチャン】タイ風ういろうの基本解説|作り方紹介

  • カノムチャンとは
  • カノムチャンのザックリとした作り方紹介
  • タイのペン(粉)について

この記事では上記のことを解説していきます。

カノムチャンとは【タイ風ういろう】のことです。

屋台などで売られているタイの伝統菓子の一つ。

「いくつかの層になったういろう」という感じです。

日本人にも食べやすく、人気のタイお菓子となります。

カノムチャンはとても時間のかかるお菓子です。

この記事前半ではカノムチャンの基本解説。

後半ではカノムチャンのザックリとした作り方を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

それではいきましょう!!!

タイデザート【カノムブアン】タイ風ココナッツクレープ
タイで日本人に人気でおすすめのデザート17選【厳選必食コスパ◎】 タイで日本人に人気でおすすめのデザート17選 この記事では上記のことを紹介していきます。 タイのスイーツまた...

タイデザート【カノムチャン】タイ風ういろうの基本解説

タイデザート【カノムチャン】タイ風ういろうカノムチャン
タイ語 ขนมชั้น
辛さ 0
パクチー なし

カノムチャンとは

  • カノム→お菓子
  • チャン→階・階層

カノムチャンとは【タイ風ういろう】のことです。

「ういろう」というのは米粉と水、砂糖を混ぜ、蒸して作る日本のお菓子ですよね。

カノムチャンは米粉(+片栗粉)とココナッツミルクに砂糖を混ぜ、蒸して作ります。

そしていくつかの階層に別れているのが大きな特徴です。

カノムチャンの特徴をまとめると、

カノムチャンのういろうと同じ点・相違点
  • 米粉を使用(ういろうと同じ)
  • 米粉と片栗粉を使用(カノムチャン)※米粉の比重が多め
  • ココナッツミルクを使用(カノムチャン)
  • 蒸して作る(ういろうと同じ)
  • 階層になっている(カノムチャン)

といった感じになります。

階層になっているのをペロンと剥がして食べることができます。

一般的にはカノムチャンは「9階層」と言われています。

タイでは「9」というの数字がが縁起が良いとされているため、9階層が多いとのこと。

しかし最近では5階層とか6階層とかも普通に出回っています。

また薔薇(バラ)の形のカノムチャンを「カノムチャン・ドーク・グラープ」と言います。

ちなみにカノムチャンは日持ちはしないため、お土産にはあまり向きません。

やはり買ったその日に食べるのがオススメです。

カノムチャンは屋台やデパートのデザートコーナーなどで買うことができます。

デパートで購入する方が綺麗に成形されていますが、やや値段が高くなります。

カノムチャンのザックリとした作り方

タイデザート【カノムチャンバイトゥーイ】タイ風パンダンリーフういろうカノムチャンバイトゥーイ

カノムチャンの作り方をザックリと紹介しておきます。

  1. パンダンリーフと水をミキサーにかけて、パンダンリーフ水を作ります。
  2. ココナッツミルク、砂糖、塩を鍋に入れて弱火で溶かします。(溶ければOK)
  3. 米粉、片栗粉、粗挽きのタピオカ粉を混ぜ、ココナッツミルクと合わせていきます。
  4. 半分に分け片方にはバイトゥーイ水を足します。
  5. 型に生地を薄く入れて、蒸します。
  6. 生地の色が交互になるように蒸して、足してを繰り返します。
  7. 冷めて、固まったのを確認します。
  8. 食べやすいサイズ(2.5〜3cm角)にカットして完成です。

このようになかなか手と時間のかかるお菓子となります。

カノムチャン関連デザート

タイデザート【ウンガティバイトゥーイ】パンダンリーフ入りタイ風ココナッツゼリーウンガティバイトゥーイ

カノムチャンと非常によく似たタイデザートで、ウンガティというものがあります。

ウンガティは【タイ風ココナッツミルクゼリー】となり、しかも2階層です。

ただしカノムチャンは米粉を使用して蒸して作るのに対して、ウンガティはゼリー粉を使用して作ります。

食感も日本のゼリーと同じで、まさにタイ版のゼリーといった感じです。

タイデザート【ウンガティバイトゥーイ】パンダンリーフ入りタイ風ココナッツゼリー
タイ【ウンガティ】ココナッツミルクゼリーの基本解説|簡単な作り方 ウンガティとは ウンガティの簡単な作り方 この記事では上記のことを解説していきます。 ウンガティとは日...

タイのペン(粉)について

タイデザート【カノムチャンバイトゥーイ】タイ風パンダンリーフういろうカノムチャンバイトゥーイ
  • ペン→粉

タイで使用されているペン(粉)の種類について、タイ語、英語も合わせてまとめておきます。

  • ペンサリー(Flour)→小麦粉
  • ペンマン(Tapioka starch)→タピオカ粉(=片栗粉)
  • ペンターオ(Arrowroot flour)→くず粉
  • ペンカオポート→コーンスターチ
  • ペンカオチャーオ(Rice flour)→上新粉(米粉の一種)
  • ペンカオニャオ(Glutinous rice flour)→もち米粉(米粉の一種)
  • ポンフー→ベーキングパウダー

他にもありますので、思い出した時に追記していきます。

タイデザート【カノムチャン】のまとめ

タイお菓子【タイお菓子屋台】タイお菓子屋台

カノムチャンは【タイ風ういろう】と呼ばれています。

日本人にも食べやすく人気のタイお菓子の一つ。

タイ旅行で見つけた際は、タイ伝統お菓子であるカノムチャンを一度食べてみてください。

ABOUT ME
トムヤム小僧
辛いの苦手+元パクチー嫌い。沖縄でタイ料理屋したい人。バンコク在住8年を経て、現在は沖縄在住。タイ料理とカレー、そしてビールが大好き。インスタグラムでリアルタイムの沖縄食べ歩きを発信中。ブログ内、インスタ内の画像は全て自分で撮影。このサイトがためになったと思ったらブックマークよろしくお願いします。さらにより良い情報を届けられるように更新していきます。