タイ料理(おかず類)

タイ料理【ムーピン】屋台の定番!豚の串焼きの基本解説|本格レシピ

  • ムーピンとは
  • ムーピンの本格レシピと作り方

この記事では上記のことを解説していきます。

ムーピンとはタイの豚の串炭火焼き日本風にいうと、いわゆる焼きトンのことです。

タイ全土で食べられていて、特に屋台では超定番料理です。

一本あたりで購入できて、しかも安価なので、おやつとしても人気があります。

屋台でムーピンの焼く香りにつられて、見かけるとついつい買ってしまう方も多いのではないでしょうか。

この記事前半ではムーピンの基本解説。

後半ではムーピンの本格レシピと作り方を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

それではいきましょう。

タイ料理【ムーピン】タイ風豚の串焼きの基本解説

タイおかず料理【ムーピン】タイ風豚の炭火串焼きムーピン
タイ語 หมูปิ้ง
辛さ 0
パクチー なし

ムーピンとは

タイおかず料理【屋台のムーピン】タイ風焼きとん屋台のムーピン
  • ムー→豚
  • ピン→焼く

ムーピンはその名の通り、豚肉の串焼きのことです。

甘いタレに漬けられた豚肉を串に刺して、そのまま炭火などで焼き上げます。

日本の焼きトンとは違い、比較的甘めの味付けであることが多いです。

辛くないので、日本人にも食べやすく、タイ旅行時に初めて体験する屋台としてもオススメ。

ムーピン屋台は、タイのどこにでもある屋台の一つです。

ムーピン専門の屋台もあれば、タイの焼き鳥ガイヤーンピンと一緒に売られていることもあります。

その他にも、観光客の多いタイ料理レストランなどでも食べることができます。

ムーピンの美味しい食べ方

タイおかず料理【ムーピン】タイ風豚の串焼きムーピン
  • カオ(カーオ)→ご飯
  • カオニャオ→もち米
  • ナムチム→タレ

ムーピンと一緒にぜひ一緒に食べていただきたいのが、カオニャオ(タイのもち米)です。

ムーピンを置いている屋台では、必ず一緒に売っています。

より満足度が増すはずです。

ちなみにタイ語は「カオニャオ・ドゥアイ(もち米と一緒に)」で通じます。

タイの串焼き料理

タイおかず料理【カイピン】卵串カイピン

ムーピン以外にもタイには様々な串焼きのタイ料理屋台が存在します。

その一部を以下に紹介しておきます。

ムーピンの本格レシピと作り方

ここからはタイのYoutubeを参考にして、ムーピンの本格レシピと作り方を紹介していきます。

動画を一度見てみるとわかりやすいと思います。

レシピ

  • 豚ロース肉(スライス):1000g
  • 背脂を一口サイズにカットしたもの(なくても可):50g
  • ニンニク:50g
  • パクチーの根:7g
  • コブミカンの葉:1〜2枚
  • パームシュガー:120g
  • ナンプラー:60g
  • 片栗粉:20g
  • シーユーダム:20g
  • サラダ油:40g
  • 塩:大さじ1杯
  • 胡椒(粒):大さじ1杯
  • コリアンダーシード:大さじ1/2杯
  • ココナッツミルク(牛乳でも可):150ml

30本くらいの分量になっていますので、調整してみてください。

作り方

  1. 粒胡椒、コリアンダーシード、ニンニク、パクチーの根をクロックヒン(タイ料理用の石臼)に入れて、叩き、潰していきます。
  2. コブミカンの葉の筋を取り除き、みじん切りにしておきます。
  3. ボールにパームシュガー、ナンプラー、シーユーダム、サラダ油、塩、片栗粉、コブミカンの葉(みじん切り)、クロックヒンで潰したもの、ココナッツミルクを全部合わせて、混ぜ合わせておきます。
  4. 漬け込みダレに背脂を合わせて、ラップをして3時間以上冷蔵庫で寝かせます。
  5. 漬け込みダレに豚ロース肉を合わせて、ラップをして3時間以上冷蔵庫で寝かせます。
  6. 串に刺していきます。
  7. 刷毛(ハケ)でココナッツミルクを塗りながら、焼いていきます。(中火)
  8. 盛りつけて完成です。

タイ料理【ムーピン】のまとめ

ムーピンはタイで非常にポピュラーな屋台料理です。

日本人にも食べやすく、人気のタイ料理の一つでもあります。

もし作る機会があれば、ぜひ参考にして作ってみてください。

ABOUT ME
トムヤム小僧
辛いの苦手+元パクチー嫌い。沖縄でタイ料理屋したい人。バンコク在住8年を経て、現在は沖縄在住。タイ料理とカレー、そしてビールが大好き。インスタグラムでリアルタイムの沖縄食べ歩きを発信中。ブログ内、インスタ内の画像は全て自分で撮影。このサイトがためになったと思ったらブックマークよろしくお願いします。さらにより良い情報を届けられるように更新していきます。