タイデザート・お菓子

タイお菓子【クルアイターク】タイ風干しバナナの基本解説とレシピ

タイお菓子【クルアイターク】タイ風干しバナナ
  • クルアイタークとは
  • クルアイタークの本格レシピと作り方

クルアイタークとは【タイの干しバナナ】のことです。

日本人にも食べやすく、人気のタイお菓子となります。

タイ旅行の際、お土産に買う方も多いのではないでしょうか。

実はクルアイタークは日本でも作ることができます。

この記事前半ではクルアイタークの基本解説。

後半ではクルアイタークの本格レシピと作り方を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

それではいきましょう!!!

タイデザート【カノムブアン】タイ風ココナッツクレープ
タイで日本人に人気でおすすめのデザート17選【厳選必食コスパ◎】 タイで日本人に人気でおすすめのデザート17選 この記事では上記のことを紹介していきます。 タイのスイーツまた...

タイお菓子【クルアイターク】タイ風干しバナナの基本解説

タイお菓子【クルアイターク】タイ風干しバナナクルアイターク
タイ語 กล้วยตาก
辛さ 0
パクチー なし

クルアイタークとは

タイお菓子【市販のクルアイターク】タイ風干しバナナ市販のクルアイターク
  • クルアイ→バナナ
  • ターク→乾燥・ドライ

クルアイタークとは【タイ風干しバナナ】のことです。

モッチリとした食感に程よいバナナ独特の酸味がたまりません。

甘すぎず、大きすぎないので気軽に食べることができます。

ただし食べ始めると止まらなくなってしまうのがたまにキズ。

バナナを干す際に、表面積を広げるため少し平べったくするのが形の特徴です。

ちなみにクルアイピン(タイ風焼きバナナ)もバナナを平べったくします。

平たくするのは、どうも食べやすくするためでもありそうです。

さて、話を戻しますが、クルアイタークをタイ旅行の際、お土産に買ったことがある方もいるのではないでしょうか。

屋台はもちろんですが、スーパーやコンビニでも買うことができます。

日持ちもするので、お土産にはもってこいのタイお菓子ですよね。

クルアイタークに使用するバナナの種類はクルアイナムワーなどが一般的です。

タイのバナナについての詳細はこちらをどうぞ。

タイデザート【屋台のクルアイトート・カノムカイタオ・プアックトート】タイ風揚げバナナ・タイ風ポンデリング・タイ風タロイモ揚げ
屋台デザート【クルアイトート】タイ風揚げバナナ基本解説|本格レシピ クルアイトートとは クルアイトートの本格レシピと作り方 タイのバナナの種類・部位の使用例 この記事では...

クルアイタークのいろんな食べ方

  • オップ→蒸す

クルアイタークを食べる際に、タイではクルアイタークを蒸すことがあります。

その際「クルアイオップ」と呼ぶことになります。

少し蒸してあげることで、風味が良くなり食感も少し変わります。

クルアイタークには他にも以下のような食べ方、味があります

  • はちみつ味(作る際に味付けします。)
  • 緑茶クリーム味(市販で売られていたりします。)

他にもあると思いますので、見つけた際は一度試してみてはいかがでしょうか。

【クルアイターク】タイ風干しバナナの本格レシピと作り方

ここからはクルアイタークの本格レシピと作り方を紹介していきます。

レシピ

  • バナナ(クルアイナムワー):お好み
  • 水:1000ml
  • 塩:大さじ1杯

作り方

  1. バナナ(クルアイナムワー)の皮を剥き、筋と熟しすぎている部分を取り除きます。
  2. 塩水に少し浸けて、洗います。
  3. 水を切って、干しカゴで外に干します。
  4. 夜は冷蔵庫に入れます。
  5. 3日干したら、少し潰して平たくします。(薄くしすぎ注意)
  6. 5日〜6日干し、味見して完成です。

最初、塩水に浸けて洗うと黒くなりにくくなります。

夜の間はできれば冷蔵庫に保存しましょう。

↓干しカゴが家にない方はこちらをどうぞ。

干しバナナ以外にもドライフルーツや干し椎茸、ドライミニトマトなどが作れます。

タイお菓子【クルアイターク】のまとめ

タイお菓子【市販のクルアイターク(緑茶味)】タイ風干しバナナ市販のクルアイターク(緑茶味)

クルアイタークとは【タイ風干しバナナ】のことです。

日本人にも食べやすく、オススメのタイお菓子。

タイ旅行の際には、お土産に買ってみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
トムヤム小僧
辛いの苦手+元パクチー嫌い。沖縄でタイ料理屋したい人。バンコク在住8年を経て、現在は沖縄在住。タイ料理とカレー、そしてビールが大好き。インスタグラムでリアルタイムの沖縄食べ歩きを発信中。ブログ内、インスタ内の画像は全て自分で撮影。このサイトがためになったと思ったらブックマークよろしくお願いします。さらにより良い情報を届けられるように更新していきます。