タイ料理(おかず類)

タイ料理【クンパオ】タイ風海老の炭火焼きの基本解説|タレのレシピ

  • クンパオとは
  • ナムチムタレー(タイのシーフードソース)のレシピ

この記事では上記のことを解説していきます。

クンパオとは【海老の炭火焼き】のことです。

日本人にも味の想像しやすいタイ料理のうちの一つでしょう。

しかし実は「ナムチムタレー」と呼ばれるシーフードソースが決めてでもある料理です。

この記事前半ではクンパオの基本解説。

後半ではナムチムタレー(シーフードソース)の本格レシピと作り方を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

それではいきましょう!!!

タイ料理【クンパオ】タイ風海老の炭火焼きの基本解説

タイおかず料理【クンパオ】タイ風海老の炭火焼きクンパオ
タイ語 กุ้งเผา
辛さ
パクチー タレに入ります

クンパオとは

タイおかず料理【クンパオ】タイ風海老の炭火焼きクンパオ
  • クン→海老
  • パオ→炭火焼き(強火)

クンパオとは【海老の炭火焼き】のことです。

「パオ」とは炭火焼きなのですが、強火寄りでの焼き方のこと。

逆に弱火でじっくりだと「ピン」となります。

日本人にも味の想像のしやすいタイ料理の一つ。

そして人気のタイシーフード料理でもあります。

タイ人も大好きな料理で、タイでは定番のもてなし料理だったりします。

タイでも海老は少し高級な食材だったりします。

クンパオに使用する海老は少し大きめの海老が良しとされます。

海老ミソも一緒に食べることが贅沢とされているからです。

クンパオはタイレストランやタイ食堂、またはムーガタ屋がほとんどですが、ナイトマーケットの屋台でもたまに見かけることができます。

大ぶりで新鮮なクンパオを食べるなら、高級ですがタイレストランがオススメです。

タイおかず料理【クンパオ】タイ風海老の炭火焼きクンパオ

ナムチム(タレ)

タイ料理【ナムチムクンパオ(ナムチムタレー)】シーフードソースナムチムタレー
  • ナムチム→タレ
  • タレー→海・シーフード
  • ナムチムタレー→シーフードソース

クンパオに使用するナムチム(タレ)は「ナムチムタレー」と呼ばれます。

いわゆるタイのシーフードソースのことです。

タレー(海)とタレで少しややこしいですよね。

基本的には緑色が多いですが実は何種類かあり、店によって変わります。

ただし、どのシーフードソースも酸味と辛味が強く、非常に刺激的なソースとなります。

辛いのが苦手な方はやめておいた方がいいでしょう。

パクチーも入るので、パクチー嫌いな方も注意。

ムーガタ屋で置いている店もあります。

シーフードソースとはいえ、豚肉や鶏肉につけても十分に美味しいです。

ちなみにナムチムシーフードは、例えば以下のような料理に使用されます。

タイおかず料理【ナムチムタレー(シーフードソース・タレ)】ナムチムタレー

ナムチムタレー【タイのシーフードソース】の本格レシピと作り方

ここからはYouTubeを参考にして、クンパオに必要不可欠なナムチムタレー(シーフードソース)の本格レシピと作り方を紹介していきます。

動画を一度見てみるとわかりやすいと思います。

レシピ

パームシュガー水

  • 水:500ml
  • パームシュガー:1kg

量は調節してください。

ただ少ない量で作る場合、小さい鍋で作らないとすぐに焦げるので注意。

本調理

  • キダチトウガラシ(緑):お好み
  • プリックチンダー(緑):お好み(動画では50g)
  • マナオの絞り汁:320g
  • 塩:小さじ2杯
  • 剥きニンニク:250g
  • パームシュガー水:200g
  • ナンプラー:180g
  • 砂糖:30g
  • 味の素:小さじ1杯(お好み)
  • パクチーの葉:70g

トウガラシ類はお好みでどうぞ。

マナオそのものは、日本で手に入れることが難しいので、以下にマナオの絞り汁のリンクを貼っておきます。

ちなみにこちら、ソムタムやムーマナオなどにも使用できます。

作り方

パームシュガー水

  1. 水を沸騰させる。
  2. パームシュガーを加える。
  3. しっかり混ぜながら弱火で火を入れていく。
  4. 細かい泡は取り除いていきます。
  5. パームシュガーが溶けて、しっかりと再沸騰したら火を止める。
  6. しっかりと冷ます。

少ない量で作る場合、小さい小鍋で弱火で作らないとすぐに焦げるので注意しましょう。

本調理

  1. トウガラシ類、マナオの絞り汁、塩をフードプロセッサー(またはミキサー)で攪拌する。
  2. ニンニク、パームシュガー水、ナンプラー、砂糖、味の素、パクチーの葉をフードプロセッサーに入れ、再度攪拌する。

攪拌具合はお好みでどうぞ。

日持ちはしないので作ったら出来るだけ早めに使い切りましょう。

タイ料理【クンパオ】のまとめ

タイおかず料理【クンパオ】タイ風海老の炭火焼き炭火

クンパオは日本人にも食べやすく、美味しい料理です。

ナムチムタレー(シーフードソース)はかなり辛いので、辛いのが苦手な方やお子さんがいる家庭では注意しましょう。

日本でもシーフードソースは作ることは可能なので、ぜひご家庭でも挑戦してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
トムヤム小僧
辛いの苦手+元パクチー嫌い。沖縄でタイ料理屋したい人。バンコク在住8年を経て、現在は沖縄在住。タイ料理とカレー、そしてビールが大好き。インスタグラムでリアルタイムの沖縄食べ歩きを発信中。ブログ内、インスタ内の画像は全て自分で撮影。このサイトがためになったと思ったらブックマークよろしくお願いします。さらにより良い情報を届けられるように更新していきます。