タイ料理(おかず類)

タイ料理【パットプリックタイダム】黒胡椒炒め基本解説|本格レシピ

  • パットプリックタイダムとは
  • パットプリックタイダムの本格レシピと作り方

この記事では上記のことを解説していきます。

パットプリックタイダムとは【黒胡椒炒め】のことです。

味のバランスよく、日本人にも食べやすいタイ料理となります。

辛くないので、辛いのが苦手な方も安心。

ただしまだまだマイナーなタイ料理なので、知らない方も多いのではないでしょうか。

この記事前半ではパットプリックタイダムの基本解説。

後半ではパットプリックタイダムの本格レシピと作り方を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

それではいきましょう!!!

タイ料理【パットプリックタイダム】黒胡椒炒めの基本解説

タイおかず料理【カーオクンパットプリックタイダム】タイ風海老の黒胡椒炒めのぶっかけ飯カーオクンパットプリックタイダム
タイ語 ผัดพริกไทยดำ
辛さ 0
パクチー なし

パットプリックタイダムとは

  • パット→炒める
  • プリックタイダム→黒胡椒

パットプリックタイダムとは【黒胡椒炒め】のことです。

味のバランスくよく、日本人にも食べやすいタイ料理。

辛くないので、子供でも美味しく食べることができます。

パットプリックタイダムはハーブは使用せず、スパイスは黒胡椒を使用します。

タイ料理ではありますが、どちらかというと中華料理に近いです。

短時間で作れるので、お腹が空いてすぐに食べたい時にオススメ。

ご飯との相性が抜群ですので、ぜひタイビールと共にどうぞ。

パットプリックタイダムは、タイ食堂や中華系のタイ料理レストランなどで食べることができます。

種類

タイおかず料理【ヌアパットプリックタイダム】牛肉の黒胡椒炒めヌアパットプリックタイダム

パットプリックタイダムはメイン食材によって名前が変わってきます。

例えば、以下のような料理名になります。

  • ムーパットプリックタイダム→豚肉
  • タップムーパットプリックタイダム→豚レバー
  • ガイパットプリックタイダム→鶏肉
  • ヌアパットプリックタイダム→牛肉
  • クンパットプリックタイダム→海老
  • タレーパットプリックタイダム→シーフード
  • プーパットプリックタイダム→蟹

タイの牛肉は少し匂いが強いので、黒胡椒炒めにすると匂いも多少軽減し、さらに美味しくなります。

パットプリックタイダムの中、そしてタイの牛肉料理の中でもイチ推しです。

トートプリックタイダム

タイおかず料理【カーオラートガイトートプリックタイダムカイダーオ】鶏肉の黒胡椒揚げ(炒め)ぶっかけ飯目玉焼きのせカーオラートガイトートプリックタイダムカイダーオ
  • トート→揚げる
  • プリックタイダム→黒胡椒

トートプリックタイダムとは【黒胡椒揚げ】のことです。

パットが「炒める」を意味し、トートが「揚げる」というタイ語になります。

メイン食材を揚げる際に時には「グラティアムチアオ」と呼ばれるフライドガーリックを一緒に揚げることが多いです。

パットプリックタイダムの本格レシピと作り方

ここからはタイのYouTubeを参考にして、パットプリックタイダムの本格レシピと作り方を紹介していきます。

動画を一度見てみるとわかりやすいと思います。

動画はタップムーパットプリックタイダム(豚レバーの黒胡椒炒め)となります。

レシピ

  • 豚レバー:500g
  • 玉ねぎ:1個
  • ワケギ:3本
  • オイスターソース:大さじ3杯
  • 砂糖:大さじ1杯
  • シーユーカオ(タイ醤油):大さじ1杯
  • 刻みニンニク:5片
  • 油:大さじ2杯
  • 牛乳:豚レバーが浸かる分
  • 粒黒胡椒:大さじ2杯
  • アカワケギ:1個

豚レバーは好きな肉類に変更しても問題ありません。

その際、牛乳で漬け込む工程は省いてしまって構いません。

作り方

下準備

  • 豚レバーをボールに入れ、牛乳で1時間漬け込みます。
  • 黒胡椒をクロック(料理用の臼)で叩き、細かくしておきます。
  • 豚レバーについている牛乳を落とします。

本調理

  • フライパンに油をしき、火をつけます。
  • 刻みニンニクから炒めていきます。
  • ニンニクの香りが出たら、豚レバーを投入します。
  • レバーにしっかり火が入ったら、黒胡椒、砂糖、シーユーカオ、オイスターソース、玉ねぎを入れ、混ぜ合わせます。
  • 味見をして、味を整えます。
  • 最後にワケギを入れ、サッと混ぜ合わせて完成です。

タイ料理【パットプリックタイダム】のまとめ

パットプリックタイダムは【黒胡椒炒め】のことです。

味のバランスがいい「万人にウケるタイ料理」。

タイ料理嫌いや辛いのが苦手な方も安心して食べられます。

もちろん、子供でも食べられるタイ料理なので、胡椒の量を調節して家庭で作ってあげてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
トムヤム小僧
辛いの苦手+元パクチー嫌い。沖縄でタイ料理屋したい人。バンコク在住8年を経て、現在は沖縄在住。タイ料理とカレー、そしてビールが大好き。インスタグラムでリアルタイムの沖縄食べ歩きを発信中。ブログ内、インスタ内の画像は全て自分で撮影。このサイトがためになったと思ったらブックマークよろしくお願いします。さらにより良い情報を届けられるように更新していきます。