タイ料理(麺類)

クイッティアオルアとは|豚の血スープラーメン2種類を徹底解説

  • クイッティアオナムトックとは
  • クイッティアオルアとは
  • タイサラダ料理【ナムトック】との違い

この記事では上記のことを解説していきます。

クイッティアオナムトックを日本語にすると【豚の血入りスープのタイラーメン】といった感じです。

クイッティアオとはいわゆる【タイラーメン】のこと。

つまりクイッティアオナムトックは、クイッティアオの一種となります。

少し馴染みのない不思議な味ですが、日本人にも人気のあるクイッティアオのうちの一つです。

基本的には辛くないのですが、店によっては辛いので、辛いのが苦手な方は注意しましょう。

豚の血スープと知って、敬遠している方も多いのではないでしょうか。

そしてややこしいことに、「クイッティアオルア」という「クイッティアオナムトック」に非常に似たクイッティアオもあります。

もしかすると違いをしっかり説明できる方は少ないかもしれません。

この記事ではクイッティアオナムトックとクイッティアオルアの違いについて解説していきます。

少しややこしいのですが、できる限りわかりやすく解説したつもりです。

ぜひ参考にしてみてください。それではいきましょう!!!

タイ麺料理【クイッティアオ】タイラーメン
タイラーメン図鑑【クイッティアオ】麺・スープ・具材を徹底解説タイラーメンであるクイッティアオの基本解説をしています。麺、スープ、トッピング具材を徹底的に紹介。この記事を読めば、今までよりもっとクイッティアオを楽しめるようになれます。ぜひ参考にしてみてください。...

タイ料理【クイッティアオルア】豚の血スープラーメンの基本解説

タイ麺料理【クイッティアオルアナムトック】豚の血スープタイラーメンクイッティアオルアセンレック
カタカナ表記 クイッティアオナムトック
タイ語 ก๋วยเตี๋ยวน้ำตก
辛さ 0
クセ

クイッティアオナムトックとは

タイ麺料理【クイッティアオナムトックセンレック】豚の血タイラーメンクイッティアオナムトックセンレック
  • クイッティアオ→タイラーメン全般
  • ナム→水
  • トック→落ちる
  • ルアット→血
  • ムー→豚
  • ヌア→牛

クイッティアオルアの前に、まず知っておかなければならないクイッティアオナムトックから解説していきます。

クイッティアオとはいわゆる【タイラーメン】のことです。

そしてクイッティアオナムトックとは【豚の血入りクイッティアオ】のことを指します。

「豚の血スープ」という点と見た目のスープの色(焦げ茶色)で日本人には敬遠している方もいるかもしれませんね。

ただ一度食べるとあまり馴染みのない不思議な味ながら、ハマってしまう方も多いです。

基本的には辛くないのですが、中には辛い店もあるので、辛いのが苦手な方は注意しましょう。

具材に豚肉または牛肉を使用したクイッティアオナムトックが多いのも特徴です。

通常のクイッティアオに使用するナムサイスープ(豚骨透明スープ)に「ルアットムー」と呼ばれる豚の血を加えたスープがナムトックスープとなります。

ルアットムー(豚の血)はタイの市場で買うことができます。

クイッティアオナムトックにトッピングする肉類は主に4種類あります。

  • 茹でた豚肉(火を通しただけ)
  • ナムトックスープで煮込んだ豚肉(柔らかく、味付き)
  • 茹でた牛肉(火を通しただけ)
  • ナムトックスープで煮込んだ牛肉(柔らかく、味付き)

ちなみにお湯にサッと入れて火を通すことをタイ語で「ルアック」と言い、長く煮込むことを「トゥン」と言います。

卓上調味料はクイッティアオと同じです。

  • ナムソムサイシュー→お酢
  • プリックポン→唐辛子粉
  • ナンプラー→タイの魚醤
  • ナムターン→砂糖

ちなみにかなり珍しいですが、クイッティアオナムトックにはトムヤム味もあります。

その際の名前は【クイッティアオナムトックトムヤム】となり、辛いナムトックスープとなります。

クイッティアオナムトックは以下のような場所で食べることができます。

  • 屋台
  • 道端の食堂
  • クイッティアオ専門店
  • タイ料理レストラン

クイッティアオルアとは

タイ麺料理【クイッティアオルアナムトックヌア】豚の血スープのタイラーメンクイッティアオルアナムトックヌア
カタカナ表記 クイッティアオルア
タイ語 ก๋วยเตี๋ยวเรือ
辛さ
クセ
  • ルア→船

さて、ここからが本題ですが【クイッティアオルア】というクイッティアオの種類があります。

クイッティアオルアを無理やり日本語にすると【豚の血入り中華スパイス煮込みスープラーメン】といった感じでしょうか。

元々は小舟に乗った売り子が、小さいサイズのクイッティアオを売っていたことで「ルア」とついているようです。

スープと麺などは通常のクイッティアオと同じだったとのこと。

ただし、今では地上で、しかも普通のクイッティアオと同じサイズでクイッティアオルアが売られています。(もちろん、場所によっては今でも昔ながらの小さいサイズ(わんこそばサイズ)のクイッティアオルアも存在しています。)

そしてスープも徐々に変化していき、クイッティアオルアというと豚の血スープを指すようになりました。

スープはクイッティアオナムトックと似ていますが、少し違います。

クイッティアオルアのスープは、通常のナムトックスープの【ナムサイスープ(豚骨透明スープ)+豚の血】に加え、様々な食材やスパイスが追加されます。

加える食材は例えば以下の通りです。

  • オプチューイ→シナモン(必須)
  • ポイカック→八角(必須)
  • プリックホーム→山椒(なくてもOK)
  • バイトゥーイ→タコノキの葉(なくてもOK)

といった感じで、中華スパイスを主にしたスープを作り、最後の仕上げに豚の血を加えます。

クイッティアオルアには牛骨スープ版と豚骨スープ版の両方があります。

ただし基本、牛の血は使用されません。※ごく稀に例外はあるようですが。

牛骨スープ、豚骨スープ両方とも基本的には「豚の血」を使用します。

クイッティアオルアは別皿トッピングが一緒に提供されることが多いのも特徴です。

  • トゥアンゴーク→もやし
  • ホーラパー→スイートバジル
  • ケップムー→豚の皮を揚げたもの(別料金の店あり)
タイ麺料理【クイッティアオルア】もやしとスイートバジル

クイッティアオナムトック関連料理

タイサラダ料理【ナムトック】

タイサラダ料理【ナムトックヌア】炒り米粉入りヌアヤーンサラダナムトックヌア

ナムトックにはクイッティアオとは別料理で、タイサラダ料理としての【ナムトック】もあります。

サラダ料理ナムトックを日本語にすると【炒り米粉入りサラダ】といった感じです。

タイサラダ料理としてのナムトックにもムー(豚肉)とヌア(牛)の両方があります。

  • ナムトックムー→豚肉
  • ナムトックヌア→牛肉

タイ人は通常「ナムトックムー」や「ナムトックヌア」というとサラダ料理と判断するようです。

一般的な判断する基準を以下に挙げておきます。

  • クイッティアオナムトック→クイッティアオと判断
  • ナムトックムー(またはヌア)→サラダ料理と判断
  • ナムトック→サラダ料理と判断

つまりしっかりと区別するために「クイッティアオナムトック」と言うとわかりやすいということです。

それ以外はサラダ料理のナムトックと判断されるようです。

タイサラダ料理【ナムトックムー】炒り米粉入りコームーヤーンサラダ
ナムトックムーとは|粗挽き炒り米豚トロ焼きサラダのレシピ【絶品】タイ料理【ナムトックムー】の基本解説をしています。ナムトックムーに使用する食材、調味料、そしてラープとの違いやクイッティアオナムトックとの違いについても言及。ナムトックムーの本格レシピと作り方も紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。...

タイのカップラーメンママー【ムーナムトック味】

タイカップラーメンママー【ムーナムトック味】豚の血スープラーメンママー【ムーナムトック味】
  • ママー→タイの食品会社

タイで最も有名であるカップラーメンママーからも【ムーナムトック味】が発売されています。

ナムトックスープの風味もしっかりしていて、なかなかのクオリティーです。

ただ、通常のクイッティアオナムトックスープは辛くないのに対して、ママーのナムトック味は少し辛くなっています。

辛いのが苦手な方はご注意ください。

サラダ料理のナムトックと区別するために、「ナムトックムー」としっかり区別するために「ムーナムトック」としているのが興味深いところですね。

タイカップラーメンママー
タイのカップラーメン【ママー(MAMA)】たっぷり27種類紹介タイで最も有名なカップラーメン「ママー(MAMA)」の基本解説。そしてたっぷりと27種類を細かく紹介しています。さらにママーとタイのカップヌードルとの比較した結果を解説。ぜひ参考にしてみてください。...

タイ料理【クイッティアオルア】のまとめ

クイッティアオナムトックを日本語にすると【豚の血入りスープのタイラーメン】といった感じです。

そしてクイッティアオルアを無理やり日本語にすると【豚の血入り中華スパイス煮込みスープラーメン】といった感じでしょうか。

どちらも少しクセがありますが、慣れると逆にクセになるタイの麺料理です。

初めて食べる際は、馴染みのない味と豚の血ということから衝撃を受けるかもしれません。

通常、豚の血は日本では手に入らないと思います。タイに来られた際、せっかくなので一度、食べてみてはいかがでしょうか。

【クイッティアオナムトック】と【クイッティアオルア】そして、サラダ料理としての【ナムトック】もありややこしい名前でもあります。

そんなネーミングの不思議さもタイの魅力の一つなのかもしれませんね。

ABOUT ME
トムヤム小僧
辛いの苦手+元パクチー嫌い。沖縄でタイ料理屋してる人。カオソーイ専門店【カオソーイ屋】の店主。バンコク在住歴8年・ラーメン歴10年。タイ料理とカレー、そしてビールが大好き。ブログ内の画像は全て自分で撮影。このサイトがためになったと思ったらブックマークよろしくお願いします。さらにより良い情報を届けられるように更新していきます。お店の情報はインスタをチェック!