タイ料理(おかず類)

タイ料理【オースワン】タイ風カキオコの基本解説|レシピと作り方

  • オースワンとは
  • オースワンの本格レシピと作り方

この記事では上記のことを解説していきます。

オースワンは日本語にすると【タイ風カキオコ】のことです。

カキオコとは「牡蠣入りお好み焼き」のこと。

在住日本人では知らない人が少ないくらい、日本人に大人気のタイ料理の一つ。

生地をゆるめに焼き上げたオースワンに専用のタレをつけていただきます。

そんな日本人に人気のオースワンですが、実はタイ人でも中には知らない人もいたりします。

この記事前半ではオースワンの基本解説。

後半ではオースワンの本格レシピと作り方を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

それではいきましょう!!!

タイおかず料理【プーパッポンカリー】蟹の玉子とじ炒め
必見!タイでオススメのシーフード料理ランキングTOP15+注意点タイのおすすめシーフード料理を15種類+2種類を紹介しています。シーフード料理の基本解説や注意点なども細かく解説。後半ではタイのシーフードソースの本格レシピと作り方も紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。...

タイ料理【オースワン】タイ風お好み焼きの基本解説

タイおかず料理【オースワン】オースワン
タイ語 ออส่วน
辛さ 0
パクチー あり

オースワンとは

タイおかず料理【オースワン】オースワン
  • オースワン:オースワン(料理名)

オースワンを日本語にすると【タイ風カキオコ】となります。

カキオコというのは「牡蠣入りお好み焼き」のことで岡山県のご当地グルメです。

オースワンは、生地に小ぶりの牡蠣をたっぷり入れて焼き上げます。

焼き上がりは割とゆるめで完成とするところが多いです。

その際、もやしと一緒に食べるのが一般的。おそらく食感のアクセントになるためでしょう。

お好み焼きがビールと合うように、オースワンもタイビールとの相性バッチリ。

(ビール好きは)オースワンを頼んだ瞬間にビールを注文するのが必須となります。

タレは2種類のタレを合わせて作ります。

  • ソースプリック→タイのチリソース
  • ナムチムガイ→スイートチリソース

胡椒をたっぷりかけ、タレを少しつけて食べるのがオススメの食べ方です。

きっと至福のひと時となることでしょう。

オースワンはタイ食堂やタイ料理レストランやデパートのフードコートで食べることができます。

ちなみに日本の「お好み焼き」をタイ語にすると、

  • ピッザー・オーサカー(大阪のピザ)→大阪お好み焼き
  • ピッザー・ヒロシマー(広島のピザ)→広島焼き

オースワンの生地の特徴

タイおかず料理【オースワン】オースワン
  • ペン→粉
  • ニム→柔らかい
  • ガタ→鉄板・フライパン
  • ローン→熱い

オースワンの生地は、ゆるいことが多いです。

日本人によく知られているオースワンは正式には「オースワンペンニム(生地が柔らかいオースワン)」となります。

先に卵を焼いて、その後にオースワン生地を入れて焼き上げます。

そしてやや緩めの段階でもやしの上に乗せて完成です。

ちなみに同じオースワンでも、熱々の鉄板に乗せて提供するものを「オースワンガタローン(熱い鉄板オースワン)」と呼ぶ店もあります。

オースワン生地の基本の具材は以下の通りとなります。

  • ホイナーンロム→牡蠣
  • トンホーム→ワケギ
  • パクチー

パクチーが苦手な方は、注文時に伝えておきましょう。

  • マイ(発音:上から下)→無し・否定語
  • サイ(発音:平坦)→入れる

「マイ・サイ・パクチー」で通じるはずです。

さて、オースワンに使用する粉は「ペンターオ」と呼ばれるくず粉を使用します。

日本で作る際は、片栗粉で代用可能です。

くず粉に片栗粉、コーンスターチ、米粉を混ぜたりしても作れます。

小麦粉を使用して、お好み焼きのような生地で作るお店もあったりします。

タイおかず料理【オースワンタレー】タイ風シーフードお好み焼きオースワンタレー

オースワンの本格レシピと作り方

ここからはオースワンの本格レシピと作り方を紹介していきます。

レシピ

  • 牡蠣:250g
  • くず粉(片栗粉でも可):50g
  • 卵:2個
  • 粉胡椒:お好み量
  • オイスターソース:小さじ1杯
  • シーユーカオ:小さじ1杯
  • 砂糖:小さじ0.5杯
  • 水:120ml
  • 刻みニンニク:適量
  • もやし:100g
  • お酢:適量
  • 刻みパクチー:お好み量
  • 刻みワケギ:お好み量
  • タイのチリソース
  • スイートチリソース
  • (ビール)

作り方

ソース

  1. 器にタイのチリソースとスイートチリソースを1:1で入れ、混ぜておきます。

準備

  1. 卵を器に割ってかき混ぜておきます。
  2. ボールにくず粉、粉胡椒、オイスターソース、シーユーカオ、砂糖を入れ、よくかき混ぜておきます。
  3. 生地に小ぶりの牡蠣を入れ、混ぜておきます。

本調理

  1. テフロンのフライパンに油をしき、刻みニンニクを炒め、香りが出たらもやしを入れて炒めます。
  2. もやしをナンプラーとお酢で味付けして、皿に盛り付けておきます。
  3. 再度テフロンのフライパンに油を多めにしき、卵を入れかき混ぜます。(中火)
  4. 6〜7割くらい火が通ったら、生地を入れます。(中火)
  5. よく混ぜながら炒めてきます。
  6. ある程度火が通ったら、ワケギとパクチーを入れ、よくかき混ぜます。
  7. 好みの固さにしたら、盛り付けておいたもやしの上からかけて完成です。

タイ料理【オースワン】タイ風お好み焼きのまとめ

オースワンを日本語にすると【タイ風カキオコ】となります。

日本人に大人気のタイ料理です。

粉胡椒をたっぷりかけて、タイビールと一緒に食べるのがオススメ。

一応、日本でも作ることができますが、オースワンを最大に楽しむなら、やはりタイが一番。

タイ旅行の際は、ぜひ美味しいオースワンを食べてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
トムヤム小僧
辛いの苦手+元パクチー嫌い。沖縄でタイ料理屋してる人。カオソーイ専門店【カオソーイ屋】の店主。バンコク在住歴8年・ラーメン歴10年。タイ料理とカレー、そしてビールが大好き。ブログ内の画像は全て自分で撮影。このサイトがためになったと思ったらブックマークよろしくお願いします。さらにより良い情報を届けられるように更新していきます。お店の情報はインスタをチェック!