タイカレー・スープ料理

【タイ料理】カノムチーンとは|タイ風そうめんの基本解説と種類紹介

  • カノムチーンとは
  • カノムチーンの名前の由来
  • カノムチーンの使用例

この記事では上記のことを解説していきます。

カノムチーンを日本語にすると【タイ風そうめん】と言った感じです。

日本で言うところの「そうめん」のような麺に、タイカレーをかけて野菜と一緒に食べる料理です。

カノムチーンそのものは麺だけを指します。

カノムチーンをそのまま直訳すると「中国のお菓子」。※理由は後述

なぜかタイ人でもなぜそんなネーミングになっているのか知らない方も多いです。

この記事前半ではカノムチーンの基本解説。

後半ではカノムチーンの名前の由来やその他使用例を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。それではいきましょう!!!

タイ料理【カノムチーン】タイ風そうめんの基本解説

タイ麺料理【カノムチーン】タイ風そうめんカノムチーン
カタカナ表記 カノムチーン・カノムチン
タイ語 ขนมจีน
辛さ レシピ 次第
パクチー レシピ 次第

カノムチーンとは

タイ麺料理【カノムチーンナムヤーパーティンガイ】森ともみじのタイ風そうめんカノムチーンナムヤーパーティンガイ
  • カノム→お菓子
  • チーン→中国

カノムチーンを日本語にすると【タイ風そうめん】といった感じです。

「そうめん」そのものをカノムチーンと言います。

カノムチーンにタイカレーをかけて食べるタイカレー麺料理です。

カノムチーンはタイの家庭料理で、タイ人はお昼ご飯によくカノムチーンを食べている気がします。

カノムチーン屋台は、なんとなく毎日賑わっているイメージです。

そして綺麗に盛り付けるのが難しいのもカノムチーンの特徴の一つ。

もし盛り付けの綺麗なカノムチーンの写真が欲しいならタイ料理レストランがオススメです。

カノムチーンの食べ方

タイ麺料理【カノムチーンナムギョウ】タイ北部風そうめんカノムチーンナムギョウ

カノムチーンの食べ方は、カノムチーンにタイカレーをかけて、付け合わせの野菜や具材と一緒に食べます。

麺をタイカレー側につけるのではなく、タイカレーを麺にかけて食べるところが日本の麺類とは若干違う食べ方ですね。

タイカレー
ゲーンとは!?タイのカレー9種類と関連料理を合わせてザックリ紹介タイカレー【ゲーン】の基本解説をしています。タイカレーの素の解説やオススメのタイカレーを9種類を細かく紹介。その他タイカレーとは呼ばれていないゲーン料理も紹介しています。この記事でタイカレーにかなり詳しくなれるはず。ぜひ参考にしてみてください。...

ただカノムチーン屋台で多いのが、カノムチーンにぶっかけるスタイル。

まさに日本のカレーライスのような感じで、麺を置きタイカレーをかけて提供します。

そして基本、麺をすすって食べることはありません。

なんならフォークでクルクルもあまりしないかもしれません。

カノムチーンをスプーンで切って、スプーンに野菜と一緒に乗せて食べます。

さらにスープ側は熱々が美味しそうですが、タイではややヌルかったりします。

日本人の麺文化とはかなり違いますので、最初は戸惑うかもしれません。

さて、次に付け合わせの具材についてですが、本当にたくさんの種類があります。

例えば、

  • ルークチン→タイの練り物ボール
  • カイトム→茹で卵
  • カイケム→アヒルの塩漬け卵
  • ガラムプリー→キャベツ
  • キャロット→人参
  • マナオ→タイライム
  • ノーマーイ→筍(たけのこ)
  • トゥアンゴーク→もやし
  • ホーラパー→スイートバジル
  • トゥアファックヤーオ→ナガササゲ
  • パッカードーン→漬物

といった感じです。

野菜は茹でている場合もあれば、生(ナマ)の状態もあります。

また具材は全てタイカレー側に委ねて、カノムチーンにぶッかけるだけの場合もあったりします。

正直、もしかすると、もしかするとですが、、、食べ方に特別な決まりがあるというわけではなく、好きなように自由に食べていいのでしょう。

種類

タイカレー【ゲーンキアオワーンガイ】グリーンカレーゲーンキアオワーンガイ

有名なカノムチーンの種類を紹介しておきます。

  • カノムチーンナムギョウ(挽肉とトマト)【タイ北部料理
  • カノムチーンナムヤープー(蟹)
  • カノムチーンゲーンキアオワーン(グリーンカレー)
  • カノムチーンナムヤーパー(森っぽい食材)
  • カノムチーンガティ(ココナッツミルク)

他にもまだまだあると思いますので、ぜひ色々と試してみてください。

ちなみに個人的にはカノムチーンナムギョウがイチ押しです。

名前の由来

タイ麺料理【市場のカノムチーン】タイ風そうめん市場のカノムチーン
  • カノム(モン語)→固まっている状態
  • チン(モン語)→煮えている状態

元々カノムチーンはミャンマーのモン族(ミャンマーの一部族)から伝わったと言われています。

カノム(固まっている状態)とチン(煮えている状態)が語源になっているそうです。

つまり偶然、発音が似ていただけと言うこと。

タイには外来語がそのままタイで変化して、謎の料理名になってしまったものがあります。

「カイイヤオマー」もその一つです。

カイイヤオマーは「ピータン」のことですが、直訳すると「馬の小便卵」。

なぜこんな名前になってしまったのか……

一説によると、元々ピータンは中国から伝わった食材で、中国語が変化して、そのまま今でも使われ続けているとも言われています。

まさにアメイジングタイランド。

  • カイ→卵
  • カイイヤオマー→ピータン

カノムチーンのその他使用例

タムスア

タイサラダ料理【(ソム)タムスア】カノムチンソムタムタムスア

タムスアとは【カノムチーンのソムタム】のことです。

ソムタムはタイを代表するサラダの一つで、いわゆる【タイ風パパイヤサラダ】のことです。

タイのサラダ系だと「ヤムカノムチーン」なんて料理もあります。

ヤムカノムチーンはヤムサラダと合わせたカノムチーンです。

タイサラダ料理【ソムタム9種まとめ】タイ風パパイヤサラダ
みんな大好きソムタムとは|青パパイヤサラダ15種類と本格レシピタイ料理のソムタム(青パパイヤサラダ)の基本解説。ソムタムの特徴や種類、そして使用する食材を紹介しています。後半ではソムタムの本格レシピと作り方についても紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。...

ミャンマー版カノムチーン

ミャンマー料理【モヒンガー】ミャンマーカノムチンモヒンガー

モヒンガーはミャンマーの国民食とも言われるくらいミャンマー人に愛されている料理です。

タイのカノムチーンと同じような形で食べられています。

と言うか、そもそもこっちが本家といえば本家。

タイ料理【カノムチーン】タイ風そうめんのまとめ

カノムチーンは【タイ風そうめん】のことです。

そうめんにタイカレーをぶっかけたりして食べるタイ家庭料理。

日本の麺文化とはかなり違うのですが、その分逆に違いがあって面白いです。

タイ旅行の際には、色々なカノムチーンを食べてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
トムヤム小僧
辛いの苦手+元パクチー嫌い。沖縄でタイ料理屋してる人。カオソーイ専門店【カオソーイ屋】の店主。バンコク在住歴8年・ラーメン歴10年。タイ料理とカレー、そしてビールが大好き。ブログ内の画像は全て自分で撮影。このサイトがためになったと思ったらブックマークよろしくお願いします。さらにより良い情報を届けられるように更新していきます。お店の情報はインスタをチェック!