タイ料理(おかず類)

【タイ料理】パッチャーとは|激辛ハーブ炒めの本格レシピと作り方

  • パッチャーとは
  • パッチャーの本格レシピと作り方

この記事では上記のことを解説していきます。

パッチャーとは日本語にすると【激辛ハーブ炒め】といった感じです。

日本料理で似ている料理は一切なく、まさにタイ料理といった味。

クセがあり、とても辛いので、日本人にはあまり馴染みのないタイ料理(タイ人は大好き)の代表格といってもいいかもしれません。

ただタイ料理マニアの間では密かに好まれている料理でもあります。

この記事前半ではパッチャーの基本解説。

後半ではパッチャーの本格レシピと作り方を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。それではいきましょう!!!

タイおかず料理【カーオラートパットガパオタレーカイダーオ】シーフードガパオ炒めぶっかけ飯目玉焼きトッピング
辛い物好き必見!激辛タイ料理のおすすめ17選|ザックリ3分で紹介この記事はこんな方にオススメの記事です。 辛い物好きな方 辛いタイ料理に気をつけたい方 タイ料理において「...

タイ料理【パッチャー】激辛ハーブ炒めの基本解説

タイおかず料理【カーオラートパットチャーホイラーイカイダーオ】ぶっかけ飯激辛ハーブ炒め目玉焼きのせカーオラートパットチャーホイラーイカイダーオ
カタカナ表記 パッチャー・パットチャー
タイ語 ผักฉ่า
辛さ
クセ

パッチャーとは

タイおかず料理【パットチャープラードゥック】パットチャープラードゥック
  • パッ(ト)→炒める
  • パッ(ト)チャー→料理名

パッチャーとは日本語にすると【激辛ハーブ炒め】といった感じです。

パット(炒める)は「ト」は、日本語では発音されないためパッチャーと表記しています。

タイにある香りの強いハーブをたくさん使用し、唐辛子も多く入ります。

タイ料理が苦手な方や辛いのが苦手な方は注意しましょう。

日本人からすると非常に辛くて、ややクセのあるタイ料理の代表格ですが、やはりタイビールとの相性は抜群です。

パッチャーはアハーンタムサンと呼ばれるタイ食堂やタイの居酒屋などで食べることができます。

パッチャーの食材

そんなパッチャーに使用するハーブは以下の通りです。

  • プリック→唐辛子
  • グラティアム→ニンニク
  • プリックソット→生コショウ
  • グラチャーイ→チャイニーズキー(オオバンガジュツ)
  • バイマックルー→コブミカンの葉
  • ホーラパー→スイートバジル(※パットキーマオとの相違点:後述)

上記のような基本食材にメインの食材が入りパッチャーが完成します。

メイン食材というのは例えば、以下の通りです。

  • パッチャームーサームチャン→豚バラ肉入り
  • パッチャームークロップ→カリカリ豚入り
  • パッチャータレー→シーフード入り
  • パッチャーホイラーイ→あさり入り
  • パッチャープラードゥック→ナマズ入り

味付けには、以下のような調味料を使用します。

  • ナンプラー→タイ魚醤
  • ソースホイナーンロム→オイスターソース
  • ソースプルンロット→シーズニングソース
  • ナムターン→砂糖

この中で最も主要な調味料はオイスターソースです。ナンプラー、砂糖は料理人の好みによるかなという印象。

その他パッチャーによく入れる野菜は、

  • カオポートオーン→ベビーコーン
  • トゥアファックヤーオ→ナガササゲ
  • ヘッドファーン→フクロダケ

といった感じで、食感がしっかりある野菜が多いです。

やはりパッチャーは、どちらかというとハーブがメインの料理であったりします。

ちなみに派生料理として、

  • スパゲッティーパッチャー(パッチャー味のスパゲッティー)
  • パットママーパットチャー(パッチャー味のタイ風インスタント麺炒め)

などがあります。

パッチャーの本格レシピと作り方

ここからはパッチャーの本格レシピと作り方を紹介していきます。

パッチャーの主要な調味料はオイスターソースなのですが、ナンプラーを入れると一気に雰囲気が増します。(とはいえ使用しなくてもできます。)

それよりもハーブを揃えるのが大変かと思います。

レシピ

  • 豚バラ肉スライス(ブロックなら細切り):300g
  • 刻みニンニク:大さじ2杯
  • 刻み生唐辛子(乾燥唐辛子でも可):20本(お好み量)
  • オイスターソース:大さじ3杯
  • ナンプラー:大さじ1杯
  • シーズニングソース:大さじ0.5杯
  • 砂糖:大さじ1杯
  • 刻みグラチャーイ:10g(お好み量)
  • コブミカンの葉(葉脈を取り、程よい大きさにちぎる):7枚
  • 生コショウ:4房
  • スイートバジル:10枚(お好み量)

ハーブと唐辛子に関しては、お好みで入れてみてください。

作り方

  • 各種食材を切って準備しておきます。
  • 油をしき、豚肉から炒めていきます。
  • 火が通ったら、刻みニンニクと刻み唐辛子、刻みグラチャーイを入れます。
  • オイスターソース、シーズニングソース、砂糖、ナンプラーで味付けします。
  • 味見して、好みの味に調整します。
  • コブミカンの葉と生コショウを入れます。
  • 最後にスイートバジルなどを入れます。
  • サッと混ぜてスイートバジルがややシナっとしたら完成です。

スイートバジルを入れた後に、炒めすぎないようにしましょう。

パッチャー関連料理

スパゲッティーパッチャー

タイ麺料理【スパゲッティーパットチャータレー】激辛ハーブ炒めスパゲッティースパゲッティーパットチャータレー

スパゲッティーパッチャーは、パッチャー味のスパゲッティーのことです。

味付けや使用する食材はパッチャーのママなので、パッチャー好きにはたまらない料理となります。

もちろん激辛なので、辛いのが苦手な方は注意しましょう。

タイの居酒屋やタイ料理レストランにあることがありますが、食べられる場所は限られてきます。

パットキーマオ

タイおかず料理【パットキーマオタレー】シーフード酔っ払い炒めパットキーマオタレー
  • パット→炒める
  • キーマオ→酔っ払い

パッチャーにとてもよく似た料理で「パットキーマオ」という料理があります。

パットキーマオを日本語にすると【酔っ払い炒め】といった感じです。

酔っ払いの酔いが覚めるほどの辛さがその名の由来なのだとか。

非常に辛く、ハーブを多く使用した炒め料理です。

パッチャーとパットキーマオは以下の点でよく似ています。

  • とても辛い
  • 使用するハーブ
  • 味付け

逆に何が違うのかと言われれば、パットキーマオはガパオ(ホーリーバジル)を使用するという点です。

そしてパットキーマオの方が濃い味付けにしている店が多いかなと思います。

タイ麺料理【スパゲッティーパットキーマオタレー】酔っ払いスパゲッティー
謎料理名!パットキーマオとは|激辛酔っ払い炒めの本格レシピと作り方タイ料理【パットキーマオ】激辛酔っ払い炒めの基本解説をしています。パットキーマオに使用する具材やハーブを細かく解説。記事後半ではパットキーマオの本格レシピと作り方を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。...

パットペット

タイおかず料理【カオラートパットペットゴップ】蛙レッドカレー炒めカオラートパットペットゴップ

パットキーマオやパッチャーに、さらにレッドカレーペーストを足した「パットペット」という料理があります。

パットペットを日本語にすると【レッドカレーハーブ炒め】といった感じです。

パットペットもハーブをたくさん使用した辛い料理となります。

タイおかず料理【パットペットホイラーイ】アサリのレッドカレー炒め
タイ料理【パットペット】レッドカレー炒め基本解説|レシピと作り方 パットペットとは 何でもパットペットの紹介 パットペットの本格レシピと作り方 この記事では上記のことを...

タイのインスタント麺【パッチャー味】

タイインスタント麺【WAIWAI】パッチャーホイラーイヘーン味WAIWAI【パッチャーホイラーイヘーン味】
  • ホイ→貝
  • ラーイ→縞々
  • ホイラーイ→あさり
  • ヘーン→汁なし・乾燥

タイのインスタント麺からもパッチャー味が発売されています。

最近では日本でも購入できることができるようになりました。

  • (ワイワイ)WAIWAI【パッチャーホイラーイヘーン味】→パッチャーあさり(汁なし)
  • (ヤムヤム)yumyum【パッチャータレー味】→パッチャーシーフード(汁なし)

タイ料理【パッチャー】激辛ハーブ炒めのまとめ

パッチャーを日本語にすると【激辛ハーブ炒め】といった感じです。

タイ人にとても人気のある料理ですが、日本人にはあまり馴染みのない料理となります。

辛いのが苦手な方は気をつけましょう。

しかしタイ料理マニアには密かに愛されている料理でもあります。

もしタイ料理好きな方で食べたことのない方にはオススメなので、ぜひ一度挑戦してみてください。

ABOUT ME
トムヤム小僧
辛いの苦手+元パクチー嫌い。沖縄でタイ料理屋してる人。カオソーイ専門店【カオソーイ屋】の店主。バンコク在住歴8年・ラーメン歴10年。タイ料理とカレー、そしてビールが大好き。ブログ内の画像は全て自分で撮影。このサイトがためになったと思ったらブックマークよろしくお願いします。さらにより良い情報を届けられるように更新していきます。お店の情報はインスタをチェック!