タイ料理(おかず類)

大人気タイ料理!ガイトートとは|タイ風唐揚げの本格レシピと作り方

  • ガイトートとは
  • 日本ではない部位のガイトート紹介
  • タイの鶏の種類
  • ガイトートの本格レシピと作り方
  • ガイトートの関連料理

この記事では上記のことを解説していきます。

ガイトートとは【タイ風唐揚げ】または【タイ風フライドチキン】のことです。

タイ全土で食べられているタイ料理の一つ。タイ屋台で一度は目にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

辛くないので、辛いのが苦手な方にもオススメのタイ料理です。

実はタイ食堂と屋台では味付けが少し違ってきます。

この記事前半ではガイトートの基本解説。

後半ではガイトートの本格レシピと作り方を紹介していきます。

ガイトートと唐揚げの違いも理解することができるはずです。

ぜひ参考にしてみてください。それではいきましょう!!!

タイ料理【ガイトート】タイ風唐揚げの基本解説

タイおかず料理【ガイトート屋台】タイ風唐揚げガイトート屋台
カタカタ表記 ガイトート
タイ語 ไก่ทอด
辛さ 0
クセ なし

ガイトートとは

タイおかず料理【ピックガイトート】タイ風手羽先唐揚げピックガイトート
  • ガイ→鶏
  • トート→揚げる

ガイトートとは【タイ風鶏唐揚げ】または【タイ風フライドチキン】のことです。

ガイトート屋台はタイ全土にあり、子供から大人まで大好きな料理となります。

辛くなく、パクチーも入りませんので、日本人にとっても食べやすいタイ料理です。

ガイトートには大きく分けて2種類あります。

屋台などでは自家調合の唐揚げ粉や市販の唐揚げ粉を使用します。

特に衣付きのガイトートは正確にいうと「ガイチュップペントート」とも呼びます。

通常、長くて面倒なので省略し「ガイトート」となることが多いようです。

屋台では値段も安価なので、小腹が空いたら近くにあるガイトート屋台で購入してみてはいかがでしょうか。

ちなみに串に刺して、歩きながらでも食べやすく、「唐揚げ棒」風にしたガイトート屋台もあります。

食べ方

タイおかず料理【ピックボンガイトート】手羽元の唐揚げピックボンガイトート

ナムチム(タレ)

タイタレ【ナムチムガイ】スイートチリソースナムチムガイ
  • ナムチム→タレ

ガイトートを買うと一緒についてくるのが、「ナムチムガイ」と呼ばれるタレです。

ナムチムガイとは、いわゆる「スイートチリソース」のこと。

ナムチムガイは、揚げ物全般に使用されるタイでメジャーなタレとなります。

店によっては、ソースプリック(チリソース)と共に提供するところも。

カオニャオ

タイご飯料理【カオニャオ】もち米カオニャオ
  • カオニャオ→もち米

カオニャオはガイトート屋台で必ず一緒に売られています。

ガイトートを買う際にはカオニャオも一緒に購入するといいでしょう。

タイご飯料理【カオニャオ】もち米
【お手軽】自宅でカオニャオ!タイのもち米の特徴と簡単な入手方法カオニャオ(タイのもち米)の基本解説をしています。カオニャオの特徴、食べ方、関連料理などを紹介。そして自宅でカオニャオを手に入れる一番簡単な方法についても解説しています。ぜひ参考にしてみてください。...

ガイトートとガイヤーンとの違い

タイおかず料理【ガイヤーン】タイ風鶏の丸焼きガイヤーン
  • ヤーン→焼く

ガイトートと名前が似ていて混乱するのが「ガイヤーン」です。

ガイヤーンは【タイ風鶏の丸焼き】または【タイ風焼き鳥】となります。

ガイヤーンには、丸焼きタイプ(飲食店)と串に刺した焼き鳥タイプ(屋台)があります。

タイおかず料理【ガイヤーン】タイ風鶏の丸焼き
【タイ料理】ガイヤーンとは|イサーン風焼き鳥の本格レシピと作り方タイ料理【ガイヤーン】の基本解説しています。ガイヤーンに使用する食材やタレ、ガイヤーンの2種類について細かく解説。後半ではガイヤーンの本格レシピと作り方、さらにガイヤーンのタレのレシピと作り方も紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。...

部位

タイおかず料理【ピックガイトート】タイ風手羽先唐揚げピックガイトート

ガイトートには様々な部位が使用され、その部位が以下の通りです。

  • オークガイトート→胸肉
  • サポークガイトート→もも肉(お尻側)
  • ノンガイトート→もも肉(太もも側)
  • ピックガイトート→手羽
  • ティンガイトート→足
  • ナンガイトート→鶏皮
  • エンコーガイトート→軟骨

ノンガイトート

タイおかず料理【ガイトート屋台ノンガイ】タイ風鶏もも肉唐揚げノンガイトート
  • サポーク→もも肉のお尻側
  • ノン→もも肉の太もも側

日本語で「もも肉」は1箇所ですが、タイでは2箇所に分けられます。

どちらもジューシーで柔らかく、食べ応えのある人気の部位です。

ついでなので、英語も紹介しておきますね。

  • お尻側のもも肉→Thighs(タイツ)
  • 太もも側のもも肉→Drum Sticks(ドラムスティック)
  • もも肉全体→Chicken Legs(チキンレッグ)

ピックガイトート

タイおかず料理【ピックガイトート】タイ風手羽先揚げピックガイトート
  • ピック→羽

ピックガイは手羽部分になります。とても柔らかく、コラーゲン豊富。

手羽元より手羽中の方がより柔らかくなります。

そして、手羽をさらに細かく分けると以下の通りです。

  • 手羽(羽根全体):ピックガイ:Chicken Wing
  • 手羽元:ピックボン:Chicken Wing Stick
  • 手羽中:ピックカーン:Chicken Middle Wing
  • 手羽端:ピックプラーイ:Chicken Wing
  • 手羽先(手羽中+手羽端):ピックガイ:Chicken Wing

ただし、基本的にはどの部位も大まかに「ピックガイ」と呼ばれます。

ティンガイトート

タイおかず料理【ガイトート屋台ティンガイトート】タイ風もみじ唐揚げティンガイトート
  • ティン→足先

鶏の脚はコラーゲン豊富で、唐揚げにしてもとっても美味しいです。

軟骨も多いのですが、足の指はバリバリっと全部食べられます。特に足の平はゼラチン質でとても美味しいです。

ティンガイは日本語でいわゆる「もみじ」と呼ばれる部位のこと。日本ではスーパーに並ぶことはあまりなく、業者向けに売られてることが多いです。飲食店でのスープの出汁取りによく使用され、特にラーメン屋では重宝されています。

タイスープ料理においては、スーパーティンガイ(タイの激辛もみじスープ)というティンガイを使用した酸っぱいスープ料理があります。

ナンガイトート

タイおかず料理【ナンガイトート】タイ風鶏皮唐揚げナンガイトート
  • ナン→皮

ナンガイとは「鶏皮」のことで、カリカリになるまで揚げられています。

ビールのつまみやお菓子感覚で食べられることが多いです。

ペントート

タイおかず料理【ガイトート屋台】揚げカスペンガイトート
  • ペン→料理用粉全般

「ペン」とは料理用粉全般を指します。

例えば以下のようなものは全て「ペン」と呼ばれます。

  • ペンマン→片栗粉
  • ペンサリー→小麦粉
  • ペンカオポート→コーンスターチ
  • ペンカオチャオ→米粉

つまり、ペントートは鶏肉ではなくて、味のついたただの揚げカスです。

屋台だと無料でもらえます。しかし、たしかに美味しいのですが、ただの粉で栄養はありませんので食べ過ぎ注意です。

タイの鶏の種類

ガイパン

タイご飯料理【カオモックガイトート】タイ風揚げチキンビリヤニカオモックガイトート
  • ガイパン→ブロイラー

ガイパンとは、いわゆる「ブロイラーのことです。

屋台や食堂では、ほとんどがガイパンとなり、通常、わざわざ「ガイパン」と呼ぶことはありません。

ガイパンは柔らかく、脂分が多いのが特徴です。安くて美味しいので、様々な料理に使用されます。

ガイバーン

タイおかず料理【ガイバーントートタクライ】レモングラスと地鶏唐揚げガイバーントートタクライ
  • ガイバーン→地鶏

ガイバーンとは、いわゆる「タイの地鶏」のことです。バンコクでは市場でよく売られていることが多いです。

イサーンの家庭では、放し飼いにされ、一緒に生活しています。

放し飼いで様々な餌を自分で取って食べます。よく動くため筋肉質です。

とても足が速く捕まえるのに苦労します。

正直、人間が走って捕まえるのはかなり難しいです。タイの地方ではパチンコで打って動きを鈍らせてから捕まえます。

肉自体の色は黄色で、やや固めの肉質、脂みも少なめですが、鶏肉の味がしっかりします。

ガイバーンは特に煮込みスープ料理にした際、とても良質な出汁が取れます。

  • トムヤムガイバーン(地鶏のトムヤムスープ)
  • スーパーティンガイ(もみじの酸味スープ)
  • トムカーガイ(鶏とタイ生姜のココナッツミルクスープ) 

ガイナー

タイおかず料理【ガイナートート】ガイナートート
  • ガイナー→田んぼにいる鶏

ガイナーを日本語にすると「田んぼにいる鶏」といった感じです。

肉質は柔らかく、脂身は少なめでヘルシー。

ただ、鶏より体が小さいので可食部は少なく、小骨も多いので若干、面倒ではあります。

ガイトートの本格レシピと作り方

基本的にナンプラー一つあれば、最低限のガイトートが作れます。たまには日本の唐揚げとは少し違った風味もいいですよね。

今回はピックガイトート(手羽揚げ)となります。

レシピ

漬け込み

  • 手羽:1000g
  • ナンプラー(漬け込み用):大さじ2杯
  • 刻みニンニク:大さじ1.5杯
  • 胡椒:小さじ1杯

オイスターソースを少し加えても、美味しくできるのでオススメです。

本調理

  • 天ぷら粉(片栗粉でも可):0.5カップ
  • 米粉:25ml
  • 水:200ml
  • ナンプラー(本調理用):大さじ0.5杯
  • 砂糖:小さじ0.5杯
  • 胡椒:小さじ1杯

作り方

漬け込み

  1. ボールに手羽先を用意して、フォークで刺していきます。
  2. 胡椒とニンニク、ナンプラーを入れ、しっかり揉み込みます。
  3. ラップをして、冷蔵庫で30分漬けます。

本調理

  1. ボールで天ぷら粉と米粉を合わせ、混ぜ合わせてます。
  2. ナンプラー、胡椒、水を入れよく混ぜ合わせます。
  3. ボールに手羽先を入れて、混ぜ合わせます。
  4. 手羽先を揚げていきます。
  5. 手羽先の大きさにもよりますが、8分〜12分ほど揚げます。
  6. 引き上げて、火が通ってるか確認して完成です。

最も簡単なガイトートの作り方

タイおかず料理【GOGI(ペンゴーギ)】タイ風唐揚げ粉GOGI(ペンゴーギ)

タイで高いシェア率を誇っている唐揚げ粉が「ペンゴーギ」です。

スーパーには必ずあり、簡単に入手できるので、タイ屋台でもよく使用されています。

タイの唐揚げ屋台で味に大差がなく美味しいのは、ペンゴーギを使用している店が多いからです。

ペンゴーギはもともと味が付いている唐揚げ粉で、簡単にカリカリで美味しいガイトートが作れます。

ちなみにタイの家庭で揚げ物をする際にも、ペンゴーギが使用される事が多いです。

これ以上に簡単なタイ風鶏唐揚げの作り方はありません。タイ旅行の際は、ぜひお土産として買っておきましょう。(特に小さいサイズは、かさばらないのでオススメです。)

ちなみに鶏肉だけでなく、その他の揚げ物でも使用できます。例えばムートート(タイ風豚の唐揚げ)などですね。

一応、オンラインでも買えますが、量が多かったり、少し高かったりします。

ガイトートの関連料理

タイおかず料理【ピックガイトート】タイ風手羽先揚げピックガイトート

タイ食堂では基本的に市販の唐揚げ粉は使用しません。お店独自の味付けで、合わせる食材も様々です。

その一部を少しだけご紹介いたします。

ガイトートソースゲーンキアオワーン

タイおかず料理【ガイトートソースゲーンキアオワーン】タイ風鶏唐揚げグリーンカレーソースガイトートソースゲーンキアオワーン
  • ソー(ス)→ソース・タレ(タイ英語)
  • ゲーン→煮込み料理全般
  • キアオ→緑
  • ワーン→甘い

ガイトートソースゲーンキアオワーンとは、ガイトートのグリーンカレーソースのことです。

つまりゲーンキアオワーンとはいわゆる【グリーンカレー】のこと。

タイ食堂やタイレストラン、またはファーストフード店(期間限定商品)で食べることができます。

タイカレー【ゲーンキアオワーンヌア】グリーンカレー
【ゲーンキアオワーン】グリーンカレーとは|自家製ペーストのレシピ ゲーンキアオワーンとは 自家製グリーンカレーペーストのレシピと作り方 グリーンカレーの本格レシピと作り方 ...

ガイトートグラティアム

タイおかず料理【ガイトートグラティアム】タイ風ニンニク鶏唐揚げガイトートグラティアム
  • グラティアム→ニンニク

ガイトートグラティアムを日本語にすると【鶏肉のニンニク揚げ】といった感じです。

一口サイズのガイトートに「グラティアムチアオ」と呼ばれるフライドガーリックが乗っています。ニンニクの香りがとっても香ばしくオススメです。

ご飯料理+ガイトート

タイご飯料理【カオマンガイトート】タイ風揚げチキンライスカオマンガイトート

ガイトートはカオニャオと食べると美味しいと紹介しましたが、タイご飯料理としてもとても美味しいです。

ガイトートの応用料理は他にもたくさんあります。タイ旅行の際は、ぜひ色々と探してみてくださいね。

タイ料理【ガイトート】タイ風唐揚げのまとめ

タイおかず料理【ガイトート屋台】ガイトート屋台

ガイトートは子供から大人まで大好きなタイ料理です。

タイ料理嫌いな方や辛いのが苦手な方も美味しく食べることができます。

自宅でも簡単にできますので、ぜひご家庭でガイトートに挑戦してみてはいかがでしょうか。いつもと違う風味が味わえますよ。

ABOUT ME
與那城 健志
沖縄県那覇市で唯一のカオソーイ専門店【カオソーイ屋】してる人。バンコク歴8年・ラーメン歴10年。タイ料理とカレー、そしてビールが大好き。カオソーイ屋の情報はインスタのリンク⏬をポチッと!カオソーイ屋➡️県産鶏ガラ使用のこだわりの出汁を極上のスパイススープに仕上げました。パクチー抜きでも作れますので、誰でも気軽にお越しください。