タイデザート・お菓子

タイ料理【サラパオ】とは?タイ風中華まんの基本解説|餡の種類紹介

  • サラパオとは
  • サラパオの餡(アン)や調理法の種類紹介

この記事では上記のことを解説していきます。

サラパオとは【タイ風中華まん】のことです。

餡(アン)が違うだけで基本、中国の包子(パオズ)や日本の中華まんと同じとなります。

辛くないので、子供でも食べることができます。

タイでおやつとして食べたことがある方も多いのではないでしょうか。

実はサラパオには「蒸し」だけでなく色々な調理法があり、タイ独自の餡(アン)も多く存在します。

この記事前半では、サラパオの基本解説。

後半では、餡の種類や蒸し以外の料理法のサラパオを紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

それではいきましょう!!!

タイ料理【サラパオ】タイ風中華まんの基本解説

タイおかず料理【サラパオカイケムクリーム】カイケムクリームまんサラパオカイケムクリーム
タイ語 ซาลาเปา
辛さ 0
パクチー なし

サラパオとは

タイおかず料理【サラパオムーデーン】タイ風チャーシューまんサラパオムーデーン

サラパオとは【タイ風中華まん】のことです。

「タイ風なのに中華?」と、なったと思います。餡(アン)がタイ独特の食材もあるのであえて「タイ風」と記述しました。

中国でいう「包子(パオズ)」という具の入った饅頭(マントウ)がタイに来て広まった中華系のタイ料理。

タイでは食事というよりは、おやつ感覚で食べられることが多いです。

お腹が空いたら屋台でサッと買って食べながら歩いたり、ちょっとした待ち時間に食べていたりします。

サラパオは日本人が食べやすく、気軽に食べられるタイ料理です。

辛くないので、辛いのが苦手な方や子供でも食べられます。

サラパオは中華系のタイ料理屋、道端の屋台やコンビニでも買うことができます。

サラパオを売っているお店では「カノムジープ」と呼ばれる【タイ風焼売(シュウマイ)】が一緒に売られていることが多いです。

種類

タイおかず料理【サラパオ・カノムジープ】点心専門店点心専門店

サラパオは日本の中華まん(ピザまんや角煮まん)のように餡のバリエーションも豊富です。

日本でも馴染みのある餡から、あまりよく知られていない食材まで様々あります。

サラパオの餡の種類は、例えば以下の通りです。

  • ムーサップ→豚ひき肉(肉まん)
  • ムーデーン→タイ風チャーシュー
  • トゥアデーン→あんこ(あんまん)
  • ムーサップカイトム→ゆで玉子
  • ムーサップカイケム→アヒルの塩漬け玉子の黄身
  • クリーム→カスタードクリーム
  • カイケムクリーム→アヒルの塩漬け玉子風味のカスタードクリーム
  • バイトゥーイ→パンダンリーフ(タコノキの葉)を使用したクリーム
  • ゲーンキアオワーン→グリーンカレー
  • マントウ→餡なし

日本で茹で玉子が入っている中華まんはあまりないですが、サラパオでは非常にポピュラーな具材です。

カイケム(アヒルの塩漬け玉子)を使用する場合、カイデーン(黄身)だけを使用します。独特のザラザラ食感が特徴的です。

「バイトゥーイ」というのはタイのお菓子によく使用される食材で、独特の風味と鮮やかな緑色が特徴。

サラパオバイトゥーイは、バイトゥーイをクリームに混ぜて使用します。独特の風味なので、日本人は好き嫌いが分かれます

ゲーンキアオワーン(グリーンカレー)は日本の「カレーまん」と同じ発想なのが興味深いですよね。

マントウとは【中国の饅頭(マントウ)】のこと。

餡なしでおかず料理と一緒に食べます。

ちなみに中国のマントウが日本の饅頭(まんじゅう)のルーツとされています。

と、メジャーな種類を挙げただけでも結構多いです。

お店独自のサラパオもあったりしますので、もし珍しい餡(アン)のサラパオを見つけた際は一度試してみるのも楽しいでしょう。

蒸し以外のサラパオ

タイご飯料理【サラパオトートムーサップ】揚げ焼き肉まんサラパオトートムーサップ
  • トート→揚げる

タイでもサラパオの基本は蒸した中華まんのことですが、蒸し以外の料理法もあります。

揚げたり、揚げ焼きにすることもでき、いつもと違った風味と食感のサラパオが味わえます。

もし見つけた際はぜひ挑戦してみてください。

屋台での揚げたてのサラパオトートは、非常に熱いので気をつけてください。

タイご飯料理【サラパオ・マントウトート】タイ風中華まん(餡なし)マントウトート

タイ料理【サラパオ】タイ風中華まんのまとめ

タイおかず料理【サラパオムーデーン】タイ風チャーシューまんサラパオムーデーン

サラパオは【タイ風中華まん】のことです。

日本の中華まんと同じなので、日本人にとって馴染みのある食べやすいタイ料理。

中国をルーツにして、餡(アン)が日本とタイでそれぞれ違うのが興味深いですよね。

もしタイ料理でハーブや辛い料理にウンザリしてしまった時はサラパオを食べてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
トムヤム小僧
辛いの苦手+元パクチー嫌い。沖縄でタイ料理屋したい人。バンコク在住8年を経て、現在は沖縄在住。タイ料理とカレー、そしてビールが大好き。インスタグラムでリアルタイムの沖縄食べ歩きを発信中。ブログ内、インスタ内の画像は全て自分で撮影。このサイトがためになったと思ったらブックマークよろしくお願いします。さらにより良い情報を届けられるように更新していきます。