タイデザート・お菓子

クルアイピンとは|タイ風焼きバナナの本格レシピと作り方

タイデザート【クルアイピン】タイ風焼きバナナ
  • クルアイピンとは
  • クルアイピンの本格レシピと作り方
  • クルアイピン関連料理

この記事では上記のことについて解説していきます。

クルアイピンを日本語にすると【タイ風焼きバナナ】といった感じです。

串に刺したバナナを炭火で焼き、シロップをかけたタイ屋台デザートとなります。

クルアイピンは、タイ全土の屋台で食べることが可能です。

日本人にも食べやすく、人気のタイデザートとなります。

タイ旅行の際、一度は見たことある方も多いのではないでしょうか。

実はクルアイピンには、日本で流通しているバナナとは違う種類のバナナを使用します。

この記事前半ではクルアイピンの基本解説。

後半ではクルアイピンの本格レシピと作り方を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。それではいきましょう!!!

タイデザート【カノムブアン】タイ風ココナッツクレープ
女子必見!タイでオススメの人気デザート19種【ココナッツ系多め】タイデザート【オススメの人気デザート】をたっぷりと紹介しています。ココナッツミルク、ココナッツ果肉、そしてフルートを使用したタイデザートをまとめて紹介。タイ旅行の予習としても使えると思います。ぜひ参考にしてみてください。...

【クルアイピン】タイ風焼きバナナの基本解説

タイデザート【クルアイピン】タイ風焼きバナナクルアイピン
カタカナ表記 クルアイピン
タイ語 กล้วยปิ้ง
辛さ 0
クセ

クルアイピンとは

タイお菓子【クルアイピン】タイ風焼きバナナクルアイピン
  • クルアイ→バナナ
  • ピン→炭火焼き

クルアイピンを日本語にすると【タイ風焼きバナナ】といった感じです。

タイ全土の屋台で食べることのできるタイの伝統デザートの一つ。

クセのない味で、日本人の好みにも合っているので、タイ人だけでなく日本人にも人気があります。

クルアイピンは、独特の「ムニュッ」とした食感が特徴です。

焼くことで、さらに香ばしくなっているのもポイントでしょう。

専用シロップをかけて食べるのですが、かける量で甘さを調節することができます。

シロップは結構甘いので、甘いのが苦手な方は気をつけましょう。

屋台だと少し叩いて平たくし、そのままビニールに入れてくれます。

クルアイピンの特徴をまとめると以下の通りです。

  • 独特の「ムニュッ」とした食感
  • 焼いたバナナの香ばしさ
  • 専用シロップの風味と甘さ

クルアイピンは以下の様な場所で食べることができます。

  • 屋台
  • ナイトマーケット

クルアイピンの専用シロップ

タイお菓子【クルアイピン】タイ風焼きバナナクルアイピン

クルアイピンの専用シロップなのですが、実はココナッツミルクを使用したものになります。

シロップに使用する主な食材は以下の通りです。

  • ガティ→ココナッツミルク
  • ナムターンマプラーオ→ココナッツシュガー

マプラーオオーン(ココナッツの果肉)を入れることもあります。

つまり、クルアイピン専用シロップの独特な風味の正体は「ココナッツ」ということです。

クルアイピンの本格レシピと作り方

created by Rinker
アライドコーポレーション
¥1,248
(2022/12/09 15:30:53時点 Amazon調べ-詳細)

ここからはクルアイピンの本格レシピと作り方を紹介していきます。

レシピ

  • 完熟ではないクルアイナムワー:お好み量
  • ココナッツミルク:200g
  • ココナッツシュガー:250g
  • 砂糖:100g(お好みで調節してください)
  • 塩:5g

作り方

専用シロップ

  1. 鍋にココナッツミルク(7割)、ココナッツシュガー、砂糖、塩を入れて火をつけます。(中火)
  2. 砂糖、塩が溶けて、沸騰したら弱火にします。(弱火)
  3. 10分ほど煮込み、残りのココナッツミルクを入れて沸騰させます。
  4. 沸騰したら弱火にして、好みのトロミになるまで煮込みます。

焼きバナナ(オーブン使用)

  1. クルアイナムワーの皮を剥いていきます。
  2. オーブンを180℃(15分)に設定して火を入れていきます。
  3. 火が入っているのを確認します。
  4. オーブンを200℃(5〜10分)に設定して、焼き目を入れていきます。
  5. 程よい焼き目ができたら、取り出します。
  6. 袋などをかまして、棍棒で叩いて少し平くして完成です。

包丁で潰すときは、滑らないように十分気をつけてください。

クルアイピン関連デザート

クルアイピンに使用するバナナ【クルアイナムワー】

タイフルーツ【クルアイナムワー】タイバナナクルアイナムワー

クルアイピンはタイ人だけでなく、日本人にも人気のタイデザートです。

しかし、日本ではまだまだあまり知られていません。

理由は、日本で流通している一般的なバナナと種類が違うからでしょう。

クルアイピンには、クルアイナムワーと呼ばれる種を使用します。

クルアイナムワーは、少し固めで酸味が強めなのが特徴。見た目は太く短く、一房あたりの実の数も多いです。

日本でよく流通しているバナナは、タイでいうところの「クルアイホーム」という種に近いと思います。

クルアイホームは、クルアイピンにするには柔らかすぎるのかもしれません。

クルアイナムワーは、少し火を通すと独特の「ムニュッ」とした食感になり、さらに甘みも増します。

クルアイナムワーは、他にも以下の様なタイデザートに使用されます。

といった感じで、基本的には火を通すデザートが多いです。

タイのバナナデザート

タイデザート【カオマオトートとクルアイトート】タイ風揚げバナナ2種カオマオトートとクルアイトート

タイにはクルアイピン以外にも、様々なバナナを使用したデザートが存在します。

例えば、

といった感じなのですが、実は上記以外にもまだまだあります。

タイ旅行の際は、もっとたくさんのバナナデザートを探してみてください。

【クルアイピン】タイ風焼きバナナのまとめ

クルアイピンを日本語にすると【タイ風焼きバナナ】といった感じです。

日本人にも食べやすく、人気のタイ屋台デザートとなります。

日本ではあまり出回っていないバナナを使用するので、日本ではなかなか食べられないかもしれませんね。

タイ旅行の際は、ぜひ一度本場のクルアイピンを食べてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
與那城 健志
沖縄県那覇市で唯一のカオソーイ専門店【カオソーイ屋】してる人。バンコク歴8年・ラーメン歴10年。タイ料理とカレー、そしてビールが大好き。カオソーイ屋の情報はインスタのリンク⏬をポチッと!カオソーイ屋➡️県産鶏ガラ使用のこだわりの出汁を極上のスパイススープに仕上げました。パクチー抜きでも作れますので、誰でも気軽にお越しください。