タイ料理(麺類)

パットママーとは|タイ風インスタント麺炒めの本格レシピと作り方

  • パットママーとは
  • パットママーの本格レシピと作り方
  • パットママー関連料理

この記事では上記のことを解説していきます。

パットママーを日本語にすると【タイ風インスタント麺炒め】といった感じ。

日本人にも食べやすく、なんとなく馴染みのある料理ですよね。

最近では日本のタイ料理屋でも見かけることがあります。

実はパットママーはタイの家庭料理であるのですが、タイの食堂でも普通に売られている人気料理となります。

タイのインスタント麺が基本ですが、日本で作る場合、そこまで気にしなくてもいいと思います。

この記事前半ではパットママーの基本解説。

後半ではパットママーの本格レシピと作り方を紹介いたします。

この記事を見れば、自宅で簡単にパットママーを作って、少しだけでもタイを感じれるはずです。

ぜひ参考にしてみてください。それではいきましょう!!!

以降、この記事で述べるパットママーは、主に飲食店で提供されるパットママーについてです。

タイカップラーメンママー
タイのカップラーメン【ママー(MAMA)】たっぷり27種類紹介タイで最も有名なカップラーメン「ママー(MAMA)」の基本解説。そしてたっぷりと27種類を細かく紹介しています。さらにママーとタイのカップヌードルとの比較した結果を解説。ぜひ参考にしてみてください。...

タイ料理【パットママー】タイ風インスタント麺炒めの基本解説

タイ麺料理【パットママートムヤムクン】タイ風インスタント麺炒めトムヤムクン味パットママートムヤムクン
カタカナ表記 パットママー
タイ語 ผัดมาม่า
辛さ レシピ次第
パクチー レシピ次第

パットママーとは

  • パット→炒める
  • ママー→タイのインスタント麺・カップ麺

パットママーを日本語にすると【タイ風インスタント麺炒め】といった感じです。

タイではカップラーメン「ママー」がとても有名。そしてインスタント麺でも「ママー」はダントツの人気と知名度があります。

ママーのインスタント麺に具材を加え、炒めた料理が「パットママー」です。

日本人にも食べやすく、人気がありタイの食堂でも注文しやすい料理となります。

日本でもインスタント麺の焼きそばがあるので、比較的どんな料理か想像しやすいですよね。

辛さはレシピ、作り手次第なので、辛いのが苦手な方は注文の仕方に注意しましょう。

  • マイ・サイ・プリック→唐辛子なし

通常、この手の料理は基本的に家庭料理なのですが、タイの食堂で普通に注文できるのが興味深いところです。

しかも安価で食べる事ができるので、まさに庶民の味方といった料理。

ちなみにタイだけでなくミャンマーやラオスでも、同様のインスタント麺炒めが各国の食堂で売られているそうです。

パットママーは以下のような場所で食べることができます。

  • 道端の食堂
  • 屋台
  • ナイトマーケット

さすがにタイ料理レストランでは見た事がありません。

パットママーの具材

タイ麺料理【パットママートムヤムクン】タイ風インスタント麺炒めトムヤムクン味パットママートムヤムクン

飲食店でのパットママーには基本、野菜やメインの食材(肉類)を加えます。

そしてメイン食材によって名前が変わり、例えば以下の通りです。

  • パットママームー→豚肉
  • パットママームーサップ→豚ひき肉
  • パットママーガイ→鶏肉
  • パットママークン→海老
  • パットママータレー→シーフード

もちろん上記以外の食材を使用してもパットママーとなります。

ちなみにママー以外のインスタント麺を使用した場合、

  • パットワイワイ(タイのインスタント麺の一つ)
  • パットヤムヤム(タイ味の素のインスタント麺)

といった感じになります。

ただタイ人はそれでもパットママーと呼ぶ場合が多いです。

味付け

タイ麺料理【パットママーキーマオタレー】インスタント麺炒めパットママーキーマオタレー

パットママーには味付け方法が大きく分けて2種類あります。

  1. インスタント麺に付属の味付け粉を使用
  2. オイスターソースなどの調味料を使用したオリジナルの味付け

そして、さらに②味付けの種類によっては名前が変わってくる場合もあります。

  • パットママートムヤム(トムヤム味)
  • パットママーキーマオ(キーマオ味)

トムヤム味トムヤムクンのような酸味と甘みに辛味が混在する味。

キーマオ味パットキーマオ(酔っ払い炒め)と呼ばれる激辛甘口ハーブ味。

ここまでをまとめると、タイの食堂では例えば以下のように注文します。

  • パットママームー(豚肉+味付けは作り手次第)
  • パットママートムヤムガイ(鶏肉+トムヤム味)
  • パットママーキーマオタレー(シーフード+キーマオ味)

パットママーの本格レシピと作り方

ここからはパットママーの本格レシピと作り方を紹介していきます。

一応タイのインスタント麺のリンクは載せておきます。ただし日本のインスタント麺を使用して、タイ風の味付けにすればパットママーでいいと思います。

レシピはあくまでも参考程度に。元々は家庭料理なので気にせず自由に作ってみてください。

レシピ

  • タイのインスタント麺:4袋分
  • カイラン菜(アブラナ科の野菜で代用):4本
  • 豚肉:200g
  • 玉子:4個
  • パクチー(なくても可):2本
  • 刻みニンニク:6片
  • 付属の味付け粉:2袋分
  • シーユーカオ:大さじ1杯
  • シーズニングソース:大さじ0.5杯
  • シーユーダム(タイ黒醤油):大さじ0.5杯
  • 砂糖:大さじ0.5杯(お好み量)
  • 胡椒:小さじ1杯(お好み量)

お好みで別の野菜を入れてもいいですし、唐辛子を入れてもOK。

作り方

豚肉漬け込み

分量外の調味料のオイスターソース(大さじ0.5杯)、シーユーカオ(大さじ0.5杯)、胡椒少々、砂糖少々を豚肉に揉み込みます。

本調理

  1. ママー麺を茹でていきます。
  2. 麺がほぐれたら取り出します。
  3. インスタント麺付属の油がある場合は、乾燥防止のため、麺にかけて混ぜ合わせておきます。
  4. フライパンで刻みニンニクを炒めていきます。
  5. ニンニクに香りが出てきたら、強火にして豚肉を投入します。
  6. 豚肉に火が通ったら、カイラン菜を投入します。
  7. 付属の味付け粉を入れて混ぜ合わせます。
  8. カイラン菜に火が通ったら、具材をフライパンの片方に寄せて、玉子を割り入れます。
  9. 玉子にやや火が通ってきたら、麺を投入します。
  10. 調味料で味付けし、味見します。
  11. 味を調整し、パクチーをかけて完成です。
  • ママー麺を茹でる際、麺がほぐれたらOKです。
  • 豚肉を入れた後、強火にして一気に炒めます。

パットママー関連料理

タイ麺料理【クイッティアオナムサイセンママー】ママー麺クイッティアオ透明スープクイッティアオナムサイセンママー

ママー麺料理

タイ麺料理【ヤムママータレー】タイ風シーフードインスタント麺ヤムサラダヤムママータレー

タイではパットママー以外でも、料理にママー麺を頻繁に使用します。

例えば、

といった感じで、家庭だけでなく飲食店にもかなり浸透しています。

個人的に特にオススメの食べ方は、ムーガタ鍋での最後の〆の麺としてです。

もちろん店によってはママー以外のインスタント麺の場合もありますが、注文する際は「ママー」で十分伝わります。

一応、ママー以外のインスタント麺も以下に紹介しておきます。

  • タイ日清
  • WAIWAI(ワイワイ)
  • yumyum(ヤムヤム)
タイ鍋料理【ムーガタ締めのママー麺】タイ風焼肉しゃぶしゃぶムーガタ締めのママー麺

タイ炒め麺料理

タイ麺料理【パットシーユーガイ】タイ風焼うどんパットシーユーガイ

タイにはパットママー以外にも様々な炒め麺料理が存在します。

辛い料理から辛くないものまで、種類も豊富ですので色々と試してみてください。

タイ料理【パットママー】のまとめ

パットママーを日本語にすると【タイ風インスタント麺炒め】といった感じです。

日本人にも食べやすく、どことなく馴染みのある料理で人気があります。

パットママーは道端のタイ食堂でも、安価で食べられるのでまさに庶民の味方といったところ。

タイ旅行の際には、ぜひ一度食堂で食べてみてください。

そして日本でも簡単に作れますので、気軽に挑戦してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
トムヤム小僧
辛いの苦手+元パクチー嫌い。沖縄でタイ料理屋したい人。バンコク在住8年を経て、現在は沖縄在住。タイ料理とカレー、そしてビールが大好き。インスタグラムでリアルタイムの沖縄食べ歩きを発信中。ブログ内、インスタ内の画像は全て自分で撮影。このサイトがためになったと思ったらブックマークよろしくお願いします。さらにより良い情報を届けられるように更新していきます。