タイ料理(麺類)

【クイジャップ】とは|豚もつ入りクルクル米粉ラーメンの基本解説

  • クイジャップとは
  • クイジャップユアンとは

この記事では上記のことを解説していきます。

クイジャップとは【豚もつ入りクルクル米粉ラーメン】のことです。

あっさりスープで辛くなく、クセもないので日本人にとても人気があります。

実はクイジャップにはもう一つ、「クイジャップユアン」というものがあります。

クイジャップユアンとは【ベトナム風タイラーメン】のことです。

【ベトナム風クイッティアオ(タイラーメン)】とも言えます。

その名の通りベトナム由来の麺料理となります。

こちらは香草たっぷりなので苦手な方も中にはいるかもしれませんが、その分コアなファンが多いです。

この記事前半ではクイジャップの基本解説。

後半ではクイジャップユアンの基本解説をしていきます。

クイジャップとクイジャップユアンで頭が混乱している方は、ぜひ参考にしてみてください。

それではいきましょう!!!

【クイジャップ】豚もつ入りクルクル米粉ラーメンの基本解説

タイ麺料理【クイッティアオクイジャップ】クルクル麺タイラーメンクイジャップ
タイ語 กว๋ยจับ
辛さ 0
パクチー なし

クイジャップとは

タイ麺料理【クイッティアオクイジャップ】クルクル麺タイラーメンクイジャップのクルクル麺

クイジャップとはクイッティアオ(タイラーメン)の一種です。

クイジャップの最大の特徴はクルッとした形をした米粉麺。

食感も他の米粉麺とは少し違います。

スープはあっさり透明スープです。

具材もかなり特殊で、豚もつを具材として使用するのが一般的。

そのクイジャップの具材の一例が以下の通りです。

  • ムー→豚肉
  • タップムー→豚レバー
  • サイムー→豚の腸
  • ルアットムー→豚の血豆腐

追加トッピングができる店もあり、その具材の一例は以下の通りです。

店によってはカオカームー(タイ風豚足煮込みご飯)のご飯なし、つまり「カームー(タイ風豚足煮込み)」を具材としているお店もあるそうです。

全体的に見て、クイジャップのお店では豚肉を使用した具材が多くなっています。

オススメの食べ方として、卓上調味料の胡椒をしっかり入れると、よりキレとパンチ力が増し、美味しくなります。

クイジャップユアンとは

タイ麺料理【クイジャップユアン】ベトナム風タイラーメンクイジャップユアン
タイ語 ก๋วยจั๊บญวน
辛さ 0
パクチー あり
  • クイジャップ→タイラーメンの一種
  • ユアン→ベトナム風(昔のベトナムのタイ語での呼び名)
  • セン→麺
  • センニャオ→ネットリ中細米粉麺

クイジャップユアンとは【ベトナム風タイラーメン】もしくは【ベトナム風クイッティアオ】のことです。

まずクイジャップユアンを説明する前に言っておかなければならないことは、通常のクイジャップとは全く違う料理ということです。

クイジャップは、クルクルした形状の麺となります。

しかし、クイジャップユアンの麺は「センニャオ」と呼ばれるクイッティアオのセンレック(中細米粉麺)と似ています。

「センウェトナーム(ベトナムの麺)」と呼ばれることもあります。

センニャオは、センレックに比べて柔らかく、ネットリとしているのが特徴。

スープは透明であっさりです。

クイッティアオのナムサイ(透明スープ)と似ています。

クイジャップユアンは、具材が特徴的でその一部が以下の通りです。

  • メイン食材(豚肉・鶏肉)
  • グラティアムチアオ→フライドガーリック
  • ホームチアオ→フライドオニオン
  • ムーヨー→ベトナム風ソーセージ
  • パクチーファラン→ノコギリコリアンダー
  • ホーラパー→スイートバジル

上記の食材が具材として乗っていたらクイジャップユアンとなります。

香草が多く入っているクイッティアオのようなイメージです。

その他、店によって椎茸やもやしが入ることもあります。

タイ麺料理【クイジャップユアンセンニャオ】ベトナム風タイラーメンクイジャップユアンセンニャオ

その他タイでの【ベトナム風料理】

タイおかず料理【ポーピアソットユアン】ベトナム風生春巻きポーピアソットユアン
  • ユアン→ベトナム風(昔のベトナムのタイ語での呼び名)
  • アハーン→料理
  • アハーンユアン→ベトナム料理

「ユアン」というのは、昔のベトナムのタイ語での呼び名のことです。

クイジャップユアン以外にもベトナム風タイ料理が存在します。

タイのポーピアソット(生春巻き)に関して、実は中国風とベトナム風の2種類があります。

「ユアン」とメニュー名についてない店も多いので、注文する際は注意しましょう。

ABOUT ME
トムヤム小僧
辛いの苦手+元パクチー嫌い。沖縄でタイ料理屋したい人。バンコク在住8年を経て、現在は沖縄在住。タイ料理とカレー、そしてビールが大好き。インスタグラムでリアルタイムの沖縄食べ歩きを発信中。ブログ内、インスタ内の画像は全て自分で撮影。このサイトがためになったと思ったらブックマークよろしくお願いします。さらにより良い情報を届けられるように更新していきます。