タイデザート・お菓子

【カノムトーキョー】薄焼きホットケーキ巻きの基本解説|本格レシピ

  • カノムトーキョーとは
  • 具材とソースの種類
  • カノムトーキョーの本格レシピと作り方

この記事では上記のことを解説していきます。

カノムトーキョーとは【タイ風薄焼きホットケーキ巻き】のことです。

鉄板で記事を薄焼きにして、様々な具材を巻いて食べるタイのストリートスナックの定番です。

実は名前にある「トーキョー」とは「東京」を意味します。

タイ旅行時にナイトマーケットなどで見聞きしたことがある方も多いのではないでしょうか。

この記事前半ではカノムトーキョーの基本解説。

後半ではカノムトーキョーの本格レシピと作り方を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

それではいきましょう!!!

タイデザート【カノムブアン】タイ風ココナッツクレープ
タイで日本人に人気でおすすめのデザート17選【厳選必食コスパ◎】 タイで日本人に人気でおすすめのデザート17選 この記事では上記のことを紹介していきます。 タイのスイーツまた...

タイお菓子【カノムトーキョー】の基本解説

タイデザート【カノムトーキョーカスタード】タイ風カスタードクレープカノムトーキョーカスタード
タイ語 ขนมโตเกียว
辛さ 0
パクチー なし

カノムトーキョーとは

タイデザート【カノムトーキョー】タイ風クレープカノムトーキョー
  • カノム→お菓子
  • トーキョー→東京

カノムトーキョーとは【タイ風薄焼きホットケーキ巻き】のことです。

鉄板で薄く広げて焼いた、ホットケーキ風の生地に様々な具材を巻いて作られます。

カノムトーキョーをそのまま直訳すると「東京のお菓子」!?

タイ語を正確に読みカタカナ表記すると「カノムトーキアオ(カノムトーキアウ)」となります。

しかし、意味が「東京」なので「カノムトーキョー」と表記していきます。

さて、「トーキョー」は文字通り「東京」を意味するのですが、皆さんお気付きの通り、東京で生まれたのスイーツではありません。

以前、タイ大丸が日本のどら焼きをタイに持ち込み、それがタイ風に変化し、カノムトーキョーとなったと言われています。

つまりタイ発祥のスイーツ。

しかし、今ではタイで定番のストリートスナックとなっています。

カノムトーキョーは以下のところで食べることができます。

  • 屋台
  • カノムトーキョー専門店
  • フードコート
  • ナイトマーケット

具材とソース

タイデザート【カノムトーキョーガパオチーズ】タイ風ガパオチーズクレープカノムトーキョーガパオチーズ

カノムトーキョーはクレープのように、甘いものやおかず類の両方が具材となります。

甘いもので具材として、一番メジャーなのがサンカヤー(タイ風カスタード)です。

サンカヤーには緑色をしたサンカヤーバイトゥーイ(パンダンカスタード)などもあります。

ちなみに、バイトゥーイがタイ語、パンダンリーフが英語、タコノキの葉が日本語となります。

  • バイトゥーイ(タイ語)
  • パンダンリーフ(英語)
  • タコノキの葉(日本語)

おかず類としての食材や料理でもカノムトーキョーの具材となります。

例えば、以下のような食材たちです。

  • サイクローク→ソーセージ
  • プーアット→カニかま
  • ヘーム→ハム
  • パットガパオムーサップ→豚ひき肉のホーリーバジル炒め
  • チーズ
  • カイ→卵
  • カイノックグラター→うずらの卵

そして、使用するソースもいくつかあります。

その例が以下の通りです。

  • ソースマクアテート→ケチャップ(最も頻繁に使用されている)
  • マヨネーズ
  • ソースプリック→チリソース
  • ソースピッザー→ピザソース

カノムトーキョーの本格レシピと作り方

ここからはタイのYouTubeを参考にして、カノムトーキョーの本格レシピと作り方を紹介していきます。

動画を一度見てみるとわかりやすいと思います。

今回は具材がサンカヤーバイトゥーイのレシピですが、お好みの具材に変えても美味しいでしょう。

レシピ

生地

  • 小麦粉:130g
  • 鶏卵:2個
  • 牛乳:50g
  • 水:150g
  • 砂糖:60g
  • ベーキングパウダー:小さじ1/2杯
  • ベーキングソーダ:小さじ1/2杯
  • 塩:小さじ1/4杯

サンカヤーバイトゥーイ(パンダンココナッツカスタード)

  • コーンスターチ:75g
  • 砂糖:70g
  • ココナッツミルク:250ml
  • 練乳:150ml
  • パンダンリーフと水をミキサーにかけ、濾した液体:130ml
  • 卵黄:4個
  • 塩:小さじ1/2杯
  • バイトゥーイ(タイ語)
  • パンダンリーフ(英語)

作り方

生地

  1. ボールに生地レシピの粉類の食材を全て入れ、混ぜ合わせます。
  2. 残りの食材を全て入れてよくかき混ぜます。
  3. ラップをして、15分おきます。

サンカヤーバイトゥーイ(パンダンココナッツカスタード)

  1. ボールにサンカヤーバイトゥーイレシピの粉類の食材を全て入れ、混ぜ合わせます。
  2. 残りの食材を全て入れてよくかき混ぜ、砂糖を溶かします。
  3. できた液体を2回ほど濾します。
  4. よくかき混ぜながら、湯せんにかけます。
  5. 少しづつ粘度が上がっていきますので、お好みの固さの少し手前でお湯から引き上げます。
  6. ボールが冷めるまでかき混ぜ続けます。

本調理

  1. 鉄板にオタマまたは匙で鉄板に薄く楕円形に生地を流します。※弱火〜中火
  2. 鉄板に広げた生地が固まったら、サンカヤーバイトゥーイを乗せていきます。
  3. ヘラを使って、巻いて完成です。

カノムトーキョーの関連料理

鉄板で作るタイスイーツ

タイお菓子【屋台のカノムバービン】タイ風ココナッツミニパンケーキ屋台のカノムバービン

タイには鉄板で焼き上げるスイーツはカノムトーキョー以外にもたくさんあります。

スイーツによっては鉄板の形も変わってきます。

国名がつくタイ料理

タイデザート【カノムクロックシンガポール】カノムクロックシンガポール
  • チーン→中国
  • ユアン→昔のベトナム
  • ラーオ→ラオス

タイには、国名のつくタイ料理が多く存在します。

例えば、

  • パッタイ(タイ風焼きそば)→タイ
  • カノムチーン(タイ風そうめん)→中国
  • クイジャップユアン(ベトナム風クイッティアオ)→ベトナム
  • ポーピアソットユアン(ベトナム風生春巻き)→ベトナム
  • カノムブアンユアン(ベトナム風カイヤッサイ)→ベトナム
  • カノムトーキョー(薄焼きホットケーキ巻き)→東京
  • カノムクロックシンガポール(パンダンココナッツ菓子)→シンガポール
  • ロートチョンシンガポール(パンダンリーフ餅入りドリンク)→シンガポール
  • (ソム)タムラーオ(パパイヤサラダ)→ラオス
  • カオパットアメリカン(タイ風チャーハン)→アメリカ

他にもまだまだありますので、探してみると意外と楽しいかもしれません。

タイお菓子【カノムトーキョー】のまとめ

タイお菓子【カノムトーキョーフィッシュチーズ】タイ風クレープカノムトーキョーフィッシュチーズ

カノムトーキョーは【薄焼きホットケーキ巻き】のことです。

トーキョー(東京)という名前ですが、正真正銘タイ発祥のストリートスナックです。

材料自体は、日本でも簡単に揃えることができますので、ぜひ家庭で作ってみてはいかがでしょうか。

あなたオリジナルの具材を考えて作ると、さらに楽しくなるかもしれませんね。

ABOUT ME
トムヤム小僧
辛いの苦手+元パクチー嫌い。沖縄でタイ料理屋したい人。バンコク在住8年を経て、現在は沖縄在住。タイ料理とカレー、そしてビールが大好き。インスタグラムでリアルタイムの沖縄食べ歩きを発信中。ブログ内、インスタ内の画像は全て自分で撮影。このサイトがためになったと思ったらブックマークよろしくお願いします。さらにより良い情報を届けられるように更新していきます。